手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

指 手首 ひじ 手の治療専門サイト 田中利和 公式サイト

ばね指(腱鞘炎)に対する
保存的治療

ストレッチ方法

以下の運動をそれぞれ1回につき30秒、1日10回以上実施しましょう。
(例:起床後、食事の前後、作業の合間、入浴後、就寝前など時間を決めて取り組むと良いでしょう)

①指を曲げる筋肉のストレッチ:筋肉を柔軟にすることで腱が腱鞘を通る時の負担を軽減します。

指を曲げる筋肉のストレッチ 肘を伸ばしててのひらを上に向け、反対の手で指をそらします。
※注意:急激なストレッチは炎症を悪化させる恐れがあります。痛みが出る手前の強さで、時間をかけて実施するようにしましょう。

②腱鞘のストレッチ:腱鞘を拡大させて腱が腱鞘内を通りやすくします。(とくなが法)

腱鞘のストレッチ

第2、第3関節が直角に曲がる程度の厚さのものを指の腹と母指球で挟み、全力で握ります。

参考文献:千葉有希子ほか.日手会誌 31: 935-940, 2014.

当クリニックでは、②のストレッチ道具をリハビリの際にお渡しして、一緒に予防に取り組んでいます。

相沢皮フ科クリニック 日本手関節外科ワークショップ
指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
母指MP関節側副靭帯損傷
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
伸筋腱脱臼
デュピュイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
ガングリオン
痛風性関節炎
グロームス腫瘍
内軟骨腫
書痙
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
橈骨遠位端骨折
舟状骨骨折
有鉤骨鉤骨折
尺骨突き上げ症候群
尺側手根伸筋腱脱臼
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
肘の側副靭帯損傷
治療法・サプリ
スプリント
大豆イソフラボンの効果
炭酸ガス療法
上肢の外傷・手術を受けた患者さんへ
関連学会
公益社団法人日本整形外科学会
一般社団法人 日本手外科学会

このページの先頭へ戻る