手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

書痙(局所性ジストニア)

字を書こうとする時、または字を書いている途中に、前腕の緊張が強くなり、手が振え、前腕の痛みが発生し、字を書くことが困難となる書字障害のことを書痙と言います。

書痙は無意識に筋肉がこわばってしまうジストニアの局所型の1種で、その原因は脳からの指令の異常にあります。

局所性ジストニアは、指をたくさん使う音楽家や、手指を繰り返し同じ動作をする美容師、大工、漫画家、歯医者、時計修理士など多種多彩な職業の方の発症があります。

本態性振戦、甲状腺機能亢進症、アルコールの離脱症状(禁断症状)やカフェイン摂取など手指の振戦を起こす疾患の除外が必要であり、脳神経内科、または脳神経外科の受診が必要と思われます。

ビデオ説明

1. 45歳男性 示指の運動障害、手指の運動をすると示指のみ遅れることがある。



2. 63歳男性 示指から小指までを握っていると母指は伸展できるが、示指から小指が伸展していると、母指が伸展できない。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
母指MP関節側副靭帯損傷
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
伸筋腱脱臼
デュピュイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
ガングリオン
痛風性関節炎
グロームス腫瘍
内軟骨腫
書痙
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
橈骨遠位端骨折
舟状骨骨折
有鉤骨鉤骨折
尺骨突き上げ症候群
尺側手根伸筋腱脱臼
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
肘の側副靭帯損傷
治療法・サプリ
スプリント
大豆イソフラボンの効果
炭酸ガス療法
上肢の外傷・手術を受けた患者さんへ
関連学会

このページの先頭へ戻る