手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

野球肘

野球やドッジボールなど投球動作時の投球サイド肘の痛みで気づくことが多い10代の疾患です。男女ともに発症し、肘の動きが悪くなることも多いです。

こちらでは野球肘についてをQ&A形式でご説明しています。

Q. 野球肘の発症年齢は何歳で、性別はどのくらいありますか?

A. 2016年1月~2018年6月30日まで通院された新規の野球肘の患者さんは2年6か月で73例受診され、ほとんどは成長期の10代です。

男性がほとんどで、女性は4例です。4例ともにドッジボールによる発症です。

Q. 原因は何でしょうか?

A.野球やドッジボールなど投球動作を伴うもので生じます。
肘関節の外反(肘が外側を向くように力がかかる)する力により、内側には牽引が、外側には圧迫がかかり疼痛が生じます。

Q. 症状はどのようなものがありますか?

A. 投球側の肘関節の痛みやひっかかりです。
また、可動域の低下(肘が伸びない、曲がらない)があります。

ボールを持った時から痛みが出る例もありますが、多くはボールを持ち、振りかぶり肘を伸ばし、ボールを投げ、腕を振ったとき等、個々の動作時に痛みが生じます。

腫れはひどくありませんが、圧痛が各所にあります。

Q. 診断はどのようなものがありますか?

A. 単純レントゲン写真による骨の変化の観察、エコー検査による軟骨、軟骨下骨の状態をみて診断いたします。

Q. 原因は投球だけでしょうか?

A. 多くは、肩、体幹、股関節周囲の硬さに問題があります。
どんなスポーツも硬い体では故障が生じます。腕を振ってボールを速く、遠くに投げようとすると体全体を使わないと困難です。

肘に近い肩関節が硬いと、肘に影響します。
体幹が硬くても、また股関節の硬さが肘に影響をします。

Q. 治療はどうしたらいいでしょうか?

A. 疼痛が出て、軟骨や軟骨下骨に障害を認められたら、まず、休みましょう。
外側はすぐにとは言いませんが、内側はしっかりと休むと治りは早いです。

そして、ストレッチ、体幹を柔らかくします。それから投球ホームの確認、修正を行っていきます。以上が基本治療の骨子です。そこにいろいろなおかずをつけていきます。

まずは、手外科専門医にご相談ください。治療のお手伝いをします。
手外科の専門医はこちらからご覧ください

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
デュプイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
橈骨遠位端骨折
舟状骨骨折
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
肘の側副靭帯損傷
治療法・サプリ
スプリント
大豆イソフラボンの効果
炭酸ガス療法
関連学会

このページの先頭へ戻る