手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンの特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に骨格が似ており、その働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる事にあります。

加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、やがて更年期、閉経を迎え、それに伴い、「更年期障害」と呼ばれる体と心のトラブルがみられることがあります。

そこで大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足を補い、トラブルを予防してくれるのです。

更年期障害の症状に対する効果

更年期障害の症状には、直接女性ホルモンであるエストロゲンを投与するホルモン補充療法がありますが、乳がんの発生を増加させるという副作用があります。

しかし、大豆イソフラボンの化学構造がエストロゲンとよく似ており、不足したエストロゲンに代わってその受容体と反応し、補足的に働くために更年期が楽になると考えられています。

その効果は100分の1ともいわれており、長期服用によりその効果がはっきりしてきます。

また、この効果は女性のみならず40歳過ぎから生じてくる精巣機能の低下に伴う男性更年期にも効果があるという報告があります。

サプリによるエストロゲンの類似成分摂取

キッコーマン(株)が発売している『基本のサプリ』がまさに、そのエストロゲンの類似成分ゲニステインを含んでいます。

但し、30%強の方には無効例があることだけはご承知ください。

「基本のサプリ」を内服された患者さんの状況

実際に外来で内服された患者さんの状況をご説明します。

52歳女性、痛くて物をもったり、つまんだりが徐々につらくなり、ペットボトルさえも開けられなくなった、と外来受診された。

6か月服用後にはつまみ動作も難なく行えるようになり、痛みもなくなっている。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
デュプイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
ガングリオン
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
橈骨遠位端骨折
舟状骨骨折
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
肘の側副靭帯損傷
治療法・サプリ
スプリント
大豆イソフラボンの効果
炭酸ガス療法
関連学会

このページの先頭へ戻る