手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

デュプイトラン拘縮

60歳代以降の男性に多い、掌の皮下に硬い硬結が出来、指が伸びにくくなる進行性の疾患です。
疼痛はなく、手を机に着いたときに掌が浮いている状態です。

こちらではデュプイトラン拘縮についてをQ&A形式でご説明しています。

Q. デュプイトラン拘縮の発症年齢は何歳ぐらいですか?

A. 2016年1月~2018年6月30日まで通院された新規の手指骨折の患者さんは2年6か月で42例の年齢分布です。50代後半から発症し70歳にピークがあります。

Q. 男女比はどうですか?

A. 423例の性比分布は、男性90.5%%、女性9.5%%とほとんどを男性が占めていますが、女性の発症もあります。

Q. どんな原因がありますか?

A. はっきりした原因はわかっていません。
繰り返す外傷、また、人種間差があることも指摘されていますが、日本人の発症も多くなってきています。

Q. 症状はどのようなものがありますか?

A. 局所の腫れ、掌には結節とそれを結ぶコードが見られます。

疼痛はないために、徐々に進行してゆき、指が伸展できなくなります。
顔を洗う際に、指が伸びないために目や鼻に指がはいってしまったり、水が汲めなかったりします。両側の掌がつかず、お祈りするときに手が、重なりません。

Q. どうしたらいいですか?

A. お困り具合により、異なります。
使い心地が悪くなければ、継続してお使いください。
特に指の第2関節が曲がってくるとお困りになることが多くなります。早めに治療した方が良いでしょう。注射や、装具を使用した保存的治療と外科的な治療があります。

Q. 治療はどんなものがありますか?

A. 保存的治療には、装具による牽引療法がありますが、ほとんど効果は認められません。

注射による治療が2015年9月に承認されました。『ザイアフレックス』と言いコラゲナーゼという酵素をしこりに注射し,肥厚・線維化した手掌腱膜を溶かして指を伸ばします。治療は外来で行います。この治療は日本手外科学会専門医で,かつ講習を受けた医師のみが実施可能です。

詳細はデュプイトラン拘縮研究会のホームページをご覧ください。

外科的治療は拘縮の原因である結節、コードを皮膚を切開して切除して,指を伸ばします。その際、大切な神経・血管を損傷しないように慎重に手術を進める必要があります。十分な訓練を受けた手外科専門医 が行なうべき手術です。手術後にはリハビリが必要です。

Q. どちらが安全ですか?

A. 十分訓練を受けた手外科医であればどちらも安全に行えます。

注射療法の利点は、外来で注射を行い、翌日再診し伸展操作を行い、定期的な通院で済みます。ただ、1回指1本で、複数指の場合には1か月以上経過してから再度注射が必要となります。また、注射部位の腫れ、皮下出血が必発です。屈筋腱断裂の報告が1例ですがあります。

手術療法は、利点は一度に複数指の治療ができることと、原因を切除できることです。欠点は麻酔によっては入院が必要なこと、皮膚に切開線が残ることです。また、神経血管損傷の可能性があります。詳細は、担当医にお相談ください。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
デュプイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
舟状骨骨折
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
橈骨遠位端骨折
肘の側副靭帯損傷
装具について
スプリント
関連学会

このページの先頭へ戻る