手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

橈骨神経麻痺

2か月に1人程度の発生頻度で、80%以上を女性が占めており、母指や手関節、手指伸筋の運動に制限が生じます。ひどいものは下垂手になってしまいます。

こちらでは橈骨神経麻痺についてをQ&A形式でご説明しています。

Q. 橈骨神経麻痺の発症年齢は何歳ぐらいですか?

A. 2016年1月~2018年6月30日まで通院された新規の患者さんは2年6か月で15名の年齢分布です。1年間で6名程度の新規発生です。40代以下と70歳以降に増加傾向があります。

Q. 男女比はどうですか?

A. 15例の性比分布は、下グラフのように男性12例(80%)、女性3例(20%)と男性が多くを占めていす。

Q. どんな症状が出ますか?

A. 朝目覚まし時計を止めようとして手関節が伸びないことに気づきます。

手首の背屈と手指の付け根の関節(MP関節、中手指骨関節)が伸ばせなくなり下垂手(手首が伸びない)となります。

また、母指(親指)・示指・中指の背側(伸ばす側)を含む手背(手の甲)から前腕の母指側のしびれが生じます。時間がたっても改善せず、脳疾患であると診断されることもあります。

Q. 原因は何が考えられますか?

A. 肘上の上腕背側にある橈骨神経の圧迫、牽引、損傷が原因です。

外傷がない場合でも、電車内の居眠りでも発症します。
また、上腕骨の骨折の際に圧迫や、断裂を生じることがありまし、直接怪我をして神経を切ってしまうこともあります。

Q. 治療法はどんなものがありますか?

A. 非手術治療と手術治療があります。

非外傷例では経時的に経過観察をします。約3か月以上必要となります。

下垂手状態の際には使いづらいこともあり、コックアップスプリントを作成し、使用していただきます。

骨折や切傷等による外傷例では、縫合、剥離等の外科的な治療が必要となります。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
デュプイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
舟状骨骨折
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
橈骨遠位端骨折
肘の側副靭帯損傷
装具について
スプリント
関連学会

このページの先頭へ戻る