手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

有鉤骨鉤骨折

有鉤骨鉤骨折は、手首と掌の再開目にある突起した骨を、強い衝撃などが原因で骨折するものです。

ものを握ったり、手をついた際に痛みが出てきます。

こちらでは有鉤骨鉤骨折についてをQ&A形式でご説明しています。

Q. どんな症状ですか?

A. ものを握ると痛い、手を着くと痛い、掌の小指側が腫れている、が特徴的です。

合併症が併存すると,小指が曲がらない,箸が持ちにくい等の症状が出ることがあります。

Q. 発症する原因を教えてください

A. 手を着いて転倒したり、グリップを握るスポーツで有鉤骨の鉤突起に強い力がかかったり、慢性的な圧迫がかかることで骨折が生じます。

単純レントゲン写真では確認できず見逃されることがあります。

Q. 診断はどのようにつけますか?

A. 痛の場所が,尺側の小指球にあります。

単純レントゲンでは、手根管撮影法、CT画像が最も診断に適しています。

Q. 治療法はどんなものがありますか?

A. 治療は早期復帰を希望されるスポーツ選手では摘出することがありますが、握力の低下、傷の瘢痕化、神経・腱損傷を考えると、保存的治療がお薦めです。

保存的治療では、ギプスや装具を6週間~12週間装着します。

長いとお感じなるかもしれませんが、5週間で骨癒合が完成する方もいます。

写真は29歳の女性です。転倒した際に受傷され、来院時は既に1か月間放置され、疼痛が改善しないために受診されました。

ギプスを4週間と装具を5週間装着して骨癒合は完成しています。合併症もありません。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
母指MP関節側副靭帯損傷
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
伸筋腱脱臼
デュピュイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
ガングリオン
痛風性関節炎
グロームス腫瘍
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
橈骨遠位端骨折
舟状骨骨折
有鉤骨鉤骨折
尺骨突き上げ症候群
尺側手根伸筋腱脱臼
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
肘の側副靭帯損傷
治療法・サプリ
スプリント
大豆イソフラボンの効果
炭酸ガス療法
上肢の外傷・手術を受けた患者さんへ
関連学会

このページの先頭へ戻る