手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

伸筋腱脱臼

Q. 伸筋腱脱臼と言われました。どんな病気、けがでしょうか?

A. 指を延ばす腱は伸筋腱と言い、手背にあり一本一本確認ができます。握りこぶしを作るいわゆるナックルの部分の中央を腱が走っていますが、何らかの外傷により小指側に落ちてしまいます。落ちるたびに音がしたり、痛みが生じたりします。

超音波エコーで観察された画像をお示しします。上図が屈曲時、下図が伸展時の中指MP関節部の腱と腱溝の関係を示します。屈曲すると腱溝から腱が外れてしまいます。

Q.どうして起こるのでしょうか?

A.腱を固定している腱鞘の一部が切れて、脱臼してしまいます。切れた腱鞘は放置していると断裂したままになるので、屈曲伸展を繰り返すたびにクリックを伴って脱臼します。

Q.どの指に起こりますか?

A. ほとんどは、中指です。他指に生じることは大変少ないです。 デコピン(中指を折り曲げ、一気に伸ばして相手のおでこをはじく)の際に起こることが多いです。

Q.治療はどうすればいいでしょうか。

A.手術を勧める先生が多いと思います。
しかし、体には自然に治る力があります。少々長くかかりますが、スプリントをつけて6週間も置いておけば、多くの方は自然に癒合します。

Q.もしもスプリントで治らなかったり、スプリントをしたくなければどうなりますか?

A.慢性例になるので、グリップする際に音がしたり、引っかかったりします。同時に痛みをかんじます。 もし、慢性状態が嫌であれば、手術的に脱臼を修復する必要があります。局所麻酔で30分ぐらいで終わりますが、固定を3週間程度、またリハビリが必要になります。手術の詳細については、主治医にご相談ください。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
母指MP関節側副靭帯損傷
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
伸筋腱脱臼
デュピュイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
ガングリオン
痛風性関節炎
グロームス腫瘍
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
橈骨遠位端骨折
舟状骨骨折
有鉤骨鉤骨折
尺骨突き上げ症候群
尺側手根伸筋腱脱臼
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
肘の側副靭帯損傷
治療法・サプリ
スプリント
大豆イソフラボンの効果
炭酸ガス療法
上肢の外傷・手術を受けた患者さんへ
関連学会

このページの先頭へ戻る