手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

上肢の外傷・手術を受けた患者さんへ

大きく2つの注意点があります。

1.患肢は挙上しましょう

血管内にある血液は、心臓のポンプ作用によって体のすみずみまで巡るのに23秒かかると言われています。

ところが血管から逸脱(出血)した血液は決して自分の力では血管に戻ることが出来ません。

自然の法則に従って、水と同様高いところから低いところに落ちてゆきます。血液も同様に高くしていると、下に降りて腫れが引きます。

図1.a.肘側面像 肘に皮下血種があり、くっきりとギプスをしていたラインが見えます。b.正面像 c.受診時の橈骨遠位端骨折 CT3D画像

2.罹患側の肩関節は1時間に1回は対側の耳を後ろ側からつかみ、肩関節を動かしましょう

患肢挙上をしていると肩関節は動かしづらくなります。

そのおかげで、肩関節の痛みが生じてきます。肩関節周囲炎です。

また、手・手関節の障害を生じると肩関節に痛みが生じ罹患上肢の腫れが生じてきます。

CRPS(Complex regional pain syndrome:複合性局所疼痛症候群)とも言いますが、罹患肢全体の腫れ、疼痛が生じ、改善するのに時間のかかる病態となってしまいます。

その予防のためにも対側の耳を持ち、肩関節の可動域を改善しておいてください。

お大事にしてください。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
母指MP関節側副靭帯損傷
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
伸筋腱脱臼
デュピュイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
ガングリオン
痛風性関節炎
グロームス腫瘍
内軟骨腫
書痙
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
橈骨遠位端骨折
舟状骨骨折
有鉤骨鉤骨折
尺骨突き上げ症候群
尺側手根伸筋腱脱臼
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
肘の側副靭帯損傷
治療法・サプリ
スプリント
大豆イソフラボンの効果
炭酸ガス療法
上肢の外傷・手術を受けた患者さんへ
関連学会

このページの先頭へ戻る