手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

強剛母指

5歳以下のお子さんの母指が伸展できないことや、引っ掛かりがありご家族が気づき受診されます。生下時下時からあったもので、早期にいらっしゃると多くの方は装具だけで改善します。

こちらでは強剛母指についてをQ&A形式でご説明しています。

Q. 強剛母指の発症年齢は何歳ぐらいですか?

A. 2016年1月~2018年6月30日まで通院された新規強剛母指患者さんのは6名でした。
ほとんどは2歳から3歳ぐらいで来院されますが、6歳を過ぎていらっしゃる方もおられます。

Q. 女性が多いと聞きますが、男女比はどうですか?

A. 6例の性比分布は、男性2例、女性4例とやや女性が多い傾向にありました。

Q. 原因は何が考えられますか?

A. 原因ははっきりとはわかっていません。
胎生期に発症するとも言われていますが、詳細は分かっていません。

手術を行ったケースでは、腱が腱鞘部分でくびれており、腱鞘の肥厚、狭窄が起こっていると思われます。

Q. 治療法はどんなものがありますか?

A. 早い時期にいらっしゃった方には、夜間だけ伸展具を着用してもらいます。経時的に診てゆくと徐々に改善します。早い方で3か月、長い方で1年かければかなりの方が、改善されます。

もしも伸展装具で改善が得られなければ、または6歳を過ぎてからいらっしゃるようであれば、手術治療が選択肢になります。

手術は根本治療で、狭窄した靭帯性腱鞘を切開して腱の滑動性を改善させることです。
いくらしっかりしたお子様でも局所麻酔での治療は困難ですので、全身麻酔下での手術となりますので、短期間の入院も必要になります。

Q. 毎日伸展装具をつけるのが億劫です。
何か他の治療法はないですか?

A. 根本的には手術療法をお薦めします。
しかし、2歳、3歳のお子さんの治療は指が小さいこと、全身麻酔のリスクもありますので、小学校に上がる前まで、お待ちになるといいと思います。

Q. 伸展装具をつけていたら、
今度は曲がらなくなってしまいました。
どうしたらいいですか?

A. お子さんが使っているうちに、また曲がってきます。ご心配はいりません。

Q. 大人のばね指のように注射でどうにかなりませんか?

A. 注射による治療の経験はありませんし、ステロイドの未熟な腱、腱周囲組織への影響についての効果がはっきりしませんので、お勧めはできません。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
デュプイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
舟状骨骨折
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
橈骨遠位端骨折
肘の側副靭帯損傷
装具について
スプリント
関連学会

このページの先頭へ戻る