手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

ばね指

指を曲げた後、指が伸びなくなって曲がったままになり、伸ばそうとするとバネのように急に伸びる病気です。

これはばね指の初期に特徴的な症状で、さらに進行していくと反対側の手で伸ばすのを手伝わないと伸びなくなり、無理に伸ばそうとすとひどく痛むようになります。

こちらではばね指についてをQ&A形式でご説明しています。

Q. 発症年齢は何歳ぐらいですか?

A. 2016年1月~2018年6月30日まで通院された新規ばね指患者さんの年齢分布です。
50代から増加傾向があり、65歳から69歳にピークがあります。

Q. 女性が多いと聞きますが、男女比はどうですか?

A.854例の性比分布は、下グラフのように男性33.6%、女性66.4%と女性が多い傾向にあります。

Q. 原因は何が考えられますか?

A. 多くは年齢構成が60代で多いことをみると経年的変化を考えますが、70代以降に低下傾向が生じているところをみると決して年齢だけではないように思われます。

また、女性が多いことより、女性ホルモンの関係についての報告は多くみられます。
手を使う仕事を多くする職業因子も考えられます。
多因子による影響が最も考えられており、特定は困難そうです。

Q. 治療法はどんなものがありますか?

A. 非手術治療と手術治療があります。
手術は根本治療で、狭窄した靭帯性腱鞘を切開して腱の滑動性を改善させることです。

しかし、誰でもメスを入れられることには抵抗がありますよね。そこで選択肢となるのが、非手術治療です。
方法としては以下が挙げられます。

  • ①使いすぎが問題だから、使用頻度を減らす
  • ②女性ホルモンが関係しているので女性ホルモンの補充をする
    ※補充は乳がんの危険性があります。そこで女性ホルモンに近い大豆イソフラボンをとることをおすすめします。
  • ③炎症を起こしている腱、腱周囲滑膜を鎮静化するために、ステロイドを注射で投与する
  • ④炭酸ガス療法

田中利和のばね指治療方針

ばね指の治療方針としましては、基本的に保存療法から始めます。もちろん、根治を希望される患者様には、手術を行います。

保存療法の中で、腱鞘注射、スプリントによる固定、内服・外用薬の使用をし、有効であればそのまま経過を観察します。もし、保存療法が有効でなかった場合には、手術をして治療するといった流れです。

Q. 注射は何本すればよくなりますか?

A. 原則的には、症状が再燃したら、注射を行います。
ステロイドの副作用もありますので、私は3回までとしています。3回注射して改善がなければ、手術療法をお薦めします。

Q. ステロイド注射の副作用は、どんなものがありますか?

A. 注射部位の皮膚脂肪の萎縮があります。部分的に皮膚が陥没したようになります。

また、注射した局所が腫れることもあります。
その原因にはステロイドを結晶化したもの(ケナコルト)による腱‐腱鞘間の摩耗による結晶性滑膜炎があり、これは鎮痛薬を飲めば改善しますが、飲んでも改善しない場合は化膿性腱、腱鞘炎を考えねばならず、すぐに医療機関を受診してください。

さらに重症な場合は腱断裂です。ステロイドにより腱が自己融解してしまいます。

ケナコルトが40㎎1回投与で腱融解が起こっています。当院では10倍に希釈して投与しており、田中着任以降、数千件以上の投与実績がありますが、腱融解、感染等の合併症は生じてはいません。

Q. 食事療法でどうにかなりますか?

A. 原因の一つに女性ホルモンの不足があります。
大豆に含まれているイソフラボンが女性ホルモンと骨格が似ていることから、豆乳や大豆製品(豆腐、納豆など)の摂取が改善の可能性がありますが、明確な証拠のある研究はありません。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
デュプイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
舟状骨骨折
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
橈骨遠位端骨折
肘の側副靭帯損傷
装具について
スプリント
関連学会

このページの先頭へ戻る