手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

肘の側副靭帯損傷

肘の内側にある靭帯が傷ついたり、断裂するスポーツや転倒の際に受傷することが多い疾患です。野球のように投球動作を繰り返すことにより変性断裂になることもあり、野球選手のように手術を必要なこともあります。

こちらでは肘の側副靭帯損傷についてをQ&A形式でご説明しています。

Q. 肘の側副靭帯損傷の発症年齢は何歳ぐらいですか?

A. 2016年1月~2018年6月30日まで通院された新規の屈筋腱断裂の患者さんは2年6か月で47例の年齢分布です。

40歳以下が33例と多くを占めています。特にスポーツをする年齢に多いです。

Q. 男女比はどうですか?

A. 47例の性比分布は、男性31例、女性16例と男性が多いですがほぼ近似しています。

Q. どんな原因がありますか?

A. 外側型と内側型があります。どちらも原因は外傷です。

内壁型

内側型は、柔道や相撲のような競技には急性の、球技では一回の大きな外傷よりも繰り返しによる外傷が多いです。大リーグの大谷選手や田中選手のようにスポーツ選手に多いのも特徴です。

外壁型

外側型損傷は肘の脱臼を伴ったており、脱臼の整復だけで放置されると不安定性が残ります。

Q. 症状はどのようなものがありますか?

A. 疼痛と可動域制限 (屈曲伸展が悪くなる) がでます。不安定性があると、球技上思ったパフォーマンスが出来なくなります。

Q. 治療はどうしたらいいでしょうか?

A. 急性期のものはまず固定を行います。3~4週間経過をみて、可動域訓練を開始します。不安定性が残るようであれば、前腕の一部を使用した靭帯の再建を行います。

外側でも、内側でも同様です。靭帯を再建した場合には、競技に復帰するためには1年近くを要する可能性が高いです。

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
デュプイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
舟状骨骨折
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
橈骨遠位端骨折
肘の側副靭帯損傷
装具について
スプリント
関連学会

このページの先頭へ戻る