f 論文紹介|手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる

手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

論文紹介

このページでは田中 利和の論文や研究発表などの業績をまとめて紹介しております。

その他、田中 利和の読んだ文献から、診断や治療に対し参考になり有用と思われる論文をこちらのページにて紹介しております

田中利和 業績集

原著

【2019年】 114 尺側手根伸筋腱の回内外時の動態―ボランティア編
田中利和,小川 健,井汲 彰,神山 翔,小林彩香,落合直之
日手会誌(J Jpn Soc Surg Hand),第 35巻 第5号 918-921,2019
113 長島さやか,田中利和,島崎紘史郎,小林彩香,落合直之
小児骨性槌指術後骨片転位例に対する 保存治療の2例報告. 日手会誌,第 35巻(4)704-707,2019
【2018年】 112 豆状三角関節症により生じた小指屈筋腱皮下断裂の1例
十時靖和,田中利和,奥野孝祐,神山翔,野内隆治,落合直之
関東整形災害外科学会誌 2018;49巻(6)385-8
111 Dupuytren拘縮に対するCollagenase Clostridium histolyticum製剤治療の経験
大山和生,田中利和、神山翔、和田大志,野内隆治,落合直之
関東整形災害外科学会誌 2018;49巻(6)381-4
110 大山和生,田中利和,神山翔,和田大志,野内隆治,落合直之『トリアムシノロンアセテートによる長母指屈筋腱断裂の1例 -病理所見を中心にー』東日本整災会誌30巻2号192-195,2018
【2017年】 109 岡野 英里子, 田中 利和, 神山 翔, 落合 直之『橈骨遠位端骨折術後の矯正損失発生時期についての検討』 日本手外科学会雑誌33巻6号 Page947-951(2017.04)
108 Tanaka T, Ogawa T, Yanai T, Okano E, Kohyama S, Ochiai N. Disruption of Flexor Tendon after Intrasheath Triamcinolone Acetonide Injection for Trigger Digits: Two Case Reports. J Hand Surg Asian Pac Vol. 2017 Sep;22(3):380-383.
107 Kohyama S, Tanaka T, Okano E, Naoyuki O. Anatomical Variations of the Extensor Carpi Ulnaris Groove: A New Computed Tomography-based Evaluation.J Hand Surg Asian Pac Vol. 2017 Sep;22(3):281-285.
106 十時 靖和, 田中 利和, 神山 翔, 小川 健『当院における手根管症候群の装具療法の検討』日本手外科学会雑誌33巻6号 Page874-877(2017.04)
105 田中利和 『TFCC損傷のMRI評価』関節外科Vol 36.p 852-7, 2017
104 田中利和 『ストリングおよびガットが手関節・肘関節に与える影響』臨床スポーツ医学 Vol.34 p440-5 2017
103 田中利和 『独居高齢者の運動器疾患罹患の当院の状況と事例提示』日本運動器看護学会誌Vol 12 p34-6 2017
102 小川 健,原 友紀,西浦 康正,田中 利和,落合 直之,『腸骨由来の無濃縮骨髄血を用いたキーンベック病に対する骨髄血移植・低出力超音波・創外固定併用治療の短期成績』日手会誌,第33巻 第5号 798-803,2017
101 田中利和,小川 健,神山 翔,十時靖和,落合直之 尺側手根伸筋腱の前腕回内外動作時のMRIによる 動態解析,日手会誌,第33巻 第5号 794-797,2017
100 田中利和 日本運動器看護学会をご存知でしょうか?雑誌 整形外科 Vol 68,No1,p18 2017
99 吉井 雄一,田中 利和,池田 和大,石井 朝夫,『圧モニター超音波エラストグラフィによる手根管症候群診断』,日手会誌,第33巻 第4号 608-611,2017
【2016年】 98 田中利和 [手指の脱力―末梢神経由来?頸椎由来?-編]オルソタイムズvol10 no.03 p6 2016
97 神山 翔, 田中 利和, 小川 健, 岡野 英里子, 落合 直之,橈側手根屈筋半切腱を用いた母指CM関節症に対する関節形成術の工夫と術後成績,日本手外科学会雑誌32巻4号 Page374-377(2016)
96 天野 国明, 坂根 正孝, 須藤 隆之, 金森 章浩, 田中 利和, 和田野 安良, 福林 徹, 山崎 正志【脊椎領域におけるスポーツ医学の最近の話題】 頸椎症性神経根症からのスポーツ復帰,関節外科35巻5号 Page514-522(2016.05)
95 小川 健, 田中 利和,『ケナコルト注射には要注意!! 腱鞘内注射後の中指屈筋腱腱鞘断裂の1例』 日本臨床スポーツ医学会誌24巻2号 Page305-309,2016
94奥野 孝祐, 田中 利和, 神山 翔, 十時 靖和, 野内 隆治, 落合 直之第4・5CM関節脱臼骨折の3例、関東整形災害外科学会雑誌47巻4号 Page185-191,2016
93 Okano E, Yoshioka T, Yanai T, Kohyama S, Kanamori A, Yamazaki M, Tanaka T. Fabella Syndrome as an Uncommon Cause of Posterolateral Knee Pain after Total Knee Arthroplasty: A Case Report and Review of the Literature. Case Rep Orthop. 2016;2016:4328462. doi: 10.1155/2016/4328462.
92 Yoshii Y, Tanaka T, Ishii T.Correlations of Median Nerve Area, Strain, and Nerve Conduction in Carpal Tunnel Syndrome Patients.Hand (N Y). 2016 Jun;11(2):161-7.
91 Kohyama S, Tanaka T, Okano E,Yanai T, Ochiai N, Lipofibromatous hamartoma of the median and ulnar nerve at the ipsilateral wrist: a case report. JHA-AP.Vol 21 No1 2016 p116-120
90 神山 翔、田中利和,小川 健,岡野英里子、落合直之、橈側手根屈筋半切腱を用いた母指CM 関節症に対する関節形成術の工夫と術後成績,日手会誌(J Jpn Soc Surg Hand),第32 巻 第4 号 374-377,2016
89 熊谷 洋, 田中 利和, 小川 健, 野内 隆治, 落合 直之、『患者満足度アンケートからみる当院における超音波ガイド下腋窩ブロックの実際』臨床整形外科 51巻1号 Page65-69.2016
88 熊谷 洋、田中利和、小川 健、落合直之、『ラグビー競技における手指外傷のまとめー母指損傷の競技レベル別比較-』 日本臨床スポーツ医学会誌、Vol24,(1) Page66-70.2016
87 Kohyama S, Kanamori A, Tanaka T, Hara Y, Yamazaki M. Stress fracture of the scaphoid in an elite junior tennis player: a case report and review of the literature.J Med Case Rep. 2016 Jan 18;10(1):8
【2015年】 86 田中 利和【超音波診断・治療の最前線】 上肢の超音波診断 手根管症候群 エラストグラフィーを中心に(解説/特集)整形外科 66巻8号 Page751-757(2015.07)
85 田中 利和【保存療法でなおす運動器疾患-OAから外傷まで-】 上肢 TFCC損傷保存的治療とその限界(解説/特集) Orthopaedics (0914-8124)28巻10号 Page26-31(2015.10)
84 Yoshii Y, Ishii T, Tanaka T, Tung WL, Sakai S , Detecting median nerve strain changes with cyclic compression apparatus: a comparison of carpal tunnel syndrome patients and healthy controls. Ultrasound Med Biol. 2015 Mar;41(3):669-74
83 田中利和,小川 健,谷口 悠、中谷卓史、神山 翔、落合直之,治療、『手技によりばね指のケナコルト腱鞘内注射の治療成績は異なるか?』日手会誌,第32 巻 第3 号 311-314,2015
82 吉井 雄一, 石井 朝夫, 田中 利和, 酒井 晋介, 落合 直之『手根管症候群における正中神経の歪みと形態変化 自動振動装置を用いた末梢神経の歪み計測』 日本手外科学会雑誌31巻4号 Page480-484(2015.01)
81 中谷 卓史(キッコーマン総合病院), 小川 健, 田中 利和, 落合 直之『舟状骨骨折の至適スクリュー長の検討 長軸挿入と垂直挿入』日本手外科学会雑誌 (2185-4092)31巻6号 Page887-890(2015.04)
80 田中 利和, 吉井 雄一, 小川 健, 神山 翔, 岡野 英里子, 落合 直之『正中神経に対するエラストグラフィ評価 用手的圧迫と自動振動装置による圧迫の比較(第1報)』 日本手外科学会雑誌 (2185-4092)32巻2号 Page72-74(2015.11)
79 田中利和 TFCC損傷保存的治療とその限界 MB Othrop.28(10):26-31 2015
【2014年】 78 Yoshii Y, Ishii T, Etou F, Sakai S, Tanaka T, Ochiai N. Reliability of automatic vibratory equipment for ultrasonic strain measurement of the median nerve. Ultrasound Med Biol. 2014 Oct;40(10):2352-7.
77 Sugaya H, Tanaka T, Ogawa T, Mishima H: Spinal epidural lipomatosis in lumbar magnetic resonance imaging scans. Orthopedics. 2014 Apr;37(4):e362-6.
76 小川 健,田中 利和,落合 直之橈骨遠位端関節内骨折の骨折パターンには靭帯が関与するか?日手会誌(J Jpn Soc Surg Hand),第30 巻 第5 号 705-707,2014
75 田中 利和, 小川 健, 熊谷 洋, 落合 直之,『高齢者ばね指の特徴』日手会誌(J Jpn Soc Surg Hand),第30 巻 第6号 Page971-975(2014.04)
【2013年】 74 谷口悠,田中利和,小川健『低用量トリアムシノロンアセトニドによるばね指の保存療法』 日手会誌(J Jpn Soc Surg Hand),第29 巻 第6 号 799-801,2013
73 田中利和 テンションやダンバーがプレーに影響は?,スマッシュ No477,58-59,2013
72 田中利和,吉井雄一,小川 健,熊谷 洋,落合直之Real time echo Elastography を使用した手根管症候群術前後の正中神経の弾性変化、日手会誌(J Jpn Soc Surg Hand),第30 巻 第3 号 230-232,2013
71 田中利和,井汲 彰,小川 健,落合直之 基節骨基部骨折に対する術後可動域制限の少ない鋼線固定術 日手会誌(J Jpn Soc Surg Hand),第30 巻 第3 号 346-349,2013
70 田中 利和, 吉井 雄一, 小川 健, Real time echo Elastgraphy を使用した正中神経の経年的弾性変化, 日手会誌,(29)312-314,2012
69 Yanai T, Tanaka T, Ogawa T. Immunohistochemical demonstration of cyclooxygenase-2 in glomus tumors.J Bone Joint Surg Am. 2013 Apr 17;95(8):725-8.
68 Toshikazu TANAKA M.D. Ph.D. Takeshi Ogawa M.D. Ph.D, Hisashi Sugaya M.D. A CASE REPORT OF OSTEOID OSTEOMA IN THE ULNAR CORTEX OF THE DISTARL RADIUS EXTENDING INTO THE DISTAL RADIOULNAL JOINT. -COX-2 PRODUCED PROSTAGLANDIN E2 POSSIBLE CASE OF THE SYMPTOMS Surgical Science, 2013, 4, 140-143
【2012年】 67 田中利和 野内隆治 小川 健 谷口 悠『示指浅指屈筋腱部分断裂受傷30年経過後に屈曲障害と弾発現象が生じた1例』関東整形災害外科学会誌 43,vol6,425-428,2012
66 小川健,田中利和,野内隆治:『保存的に治療した肩関節下方脱臼骨折の一例.』肩関節26-3: 1095- 1098, 2012
65 田中利和 吉井雄一 小川 健 Real time echo Elastgraphy を使用した正中神経の経年的弾性変化日手会誌,29-3: 1-3,2012
64 小川健、田中利和、落合直之:橈骨遠位端骨折に伴う関節内靭帯損傷の鏡視所見と単純X線との比較検討.日手会誌,29-2: 1-3,2012
63 田中利和 野内隆治 小川 健 井汲 彰 坂根正孝 落合直之, 橈骨遠位端骨折に対するハイドロキシアパタイト配向連通多孔体『リジェノス』の使用経験 関東整災誌 43(1) 1-5, 2012.
62 Shinji Murai1, Toshikazu Tanaka2, Mitsuhiro Aoki: Combinatorial roles of extrinsic and intrinsic muscles in extension strength of the distal interphalangeal joint. Journal of Orthopedics ResearchV0l 30,(6) 893-896 2012
61 小川 健,田中 利和,菅谷 久,井汲 彰, 骨性mallet fingerの術後臨床評価とX線評価の関連性,  日手会誌( J Jpn Soc Surg Hand),第28 巻 第4 号 388-391,2012
60 田中 利和,小川 健,吉井 雄一, 健常者の正中神経に対するエラストグラフィの評価,日手会誌( J Jpn Soc Surg Hand),第28 巻 第5 号 423-425,2012
【2011年】 59 市村 晴充,田中 利和,小川 健 色素性絨毛結節性滑膜炎による手根管症候群の2例日手会誌( J Jpn Soc Surg Hand),第28 巻 第3 号 166-170,2011
58 野澤 大輔,田中 利和,村井 伸司,小川 健, 3D-CTを用いたマレットフィンガー損傷部位の評価日手会誌( J Jpn Soc Surg Hand),第28 巻 第2 号 29-32,2011
57 井汲 彰、田中利和、小川 健、野内隆治、上腕2頭筋橈骨滑液包炎の6例、東日本整形災害外科雑誌23,25-31,2011
56 菅谷久 田中利和、中島佳子、落合直之、石灰沈着を伴って股関節痛が生じた4症例、関東整形災害外科学会誌Vol42,29-33、2011
55 Joseph E. Burns, MD, PhD • Toshikazu Tanaka, MD • Teruka Ueno, MD Toshiyasu Nakamura, MD, PhD • Hiroshi Yoshioka, MD, PhD Pitfalls That May Mimic Injuries of the Triangular Fibrocartilage and Proximal Intrinsic Wrist Ligaments at MR Imaging. Musculoskeletal Imaging RG • Volume 31 Number 163-78 2011
54 田中利和 三角線維軟骨複合体損傷に対するMRI microscopy coilをもちいた形態解析.臨床雑誌『整形外科』62巻4号p354、2011
【2010年】 53 Ogawa T, Tanaka T, Sugaya H.: Early range of motion after subcutaneous rupture of extensor hallux longus tendon repair: a case report. Foot Ankle Int. 2010 Oct;31(10):923-6.
52 田中 利和、小川 健、菅谷 久 多房性神経内ガングリオンによる尺骨神経麻痺の1例、日本肘関節外科学会誌vol17,74-6,2010
49 田中利和,吉岡 大: MRIによるTFCC損傷の診断. 雑誌『整形災害外科』53(4) 321-26,2010
51 田中利和、小川 健、菅谷 久、 市村晴充、橈骨遠位端骨折変形癒合に対する矯正骨切り術は手根骨配列も改善するか?日本手の外科学会誌 27(2) 57-60,2010
50 田中利和、菅谷 久、小川 健、阿部亮子、陳旧性腱性槌指に対するSnow法変法の経験、日本手の外科学会誌 26(5) 377-79,2010
【2009年】 48 田中利和、小川 健、許表楷、落合直之、安部伊知朗 橈骨遠位端骨折に対するnon-bridge創外固定器の剛性比較、日本手の外科学会誌 25(6) 815-18,2009
47 田中利和、阿部亮子、岩指仁、落合直之、橈骨遠位端関節内骨折に対する創外固定器の治療成績、日本創外固定・骨延長学会雑誌20、1-7,2009
46 清水 顕、田中利和、会田育男、金森章浩、三島 初、鎌田浩史、頚椎前後合併手術後に前方固定の非隣接椎間にヘルニアを生じた1例 東日本整形災害外科学会誌2009
【2008年】 45 阿部亮子、田中利和、稲見聡、落合直之 腰椎後側方固定術後に椎体骨折を生じた強直性脊椎骨増殖症の一例、整形災害外科2008
44 Toshikazu Tanaka, Shuhei Ogino, Hiroshi Yoshioka, Ligamentous Injuries of the Wrist. Seminars in Musculoskeletal Radiology 12(4)359-377,2008
【2007年】 43 田中利和, 吉岡 大 植野映子 高橋信幸 小川 健 落合直之MRIマイクロスコピーコイルを使用したTFCC 病変に対する読影者間の比較、日本手の外科学会誌 24(2) 9-14,2007
42 Yoshioka H, Tanaka T, Ueno T, Carrino JA, Winalski CS, Aliabadi P, Lang P, Weissman BN , Study of ulnar variance with high-resolution MRI: correlation with triangular fibrocartilage complex and cartilage of ulnar side of wrist. J Magn Reson Imaging. 2007 Sep;26(3):714-9.
41 Toshikazu Tanaka, Steven L. Moran *, Chunfeng Zhao, Mark E. Zobitz, Kai-Nan An, Peter C. Amadio, Anatomic variation of the 5th extensor tendon compartment and extensor digiti minimi tendon. Clinical Anatomy 20 677-682(2007)
40 Toshikazu Tanaka, MD; Chunfeng Zhao, MD; Yu-Long Sun, Mark E. Zobitz, MS; Kai-Nan An, PhD; Peter C. Amadio, MD. The Effect of Carbodiimide Derivatized Hyaluronic Acid and Gelatin Surface Modification on Peroneus Longus Tendon Graft in a Short-Term Canine Model In Vivo J Hand Surg Am. 2007 Jul-Aug;32(6):876-81.
【2006年】 39 田中利和,吉岡 大,小川健 安部伊知朗 落合直之,回内外における伸筋腱鞘の形態変化-MR microscopy coilⓇ を使用した解析,日本手の外科学会誌,23(6) 707-711,2006
38 安部伊知朗, 田中利和, 鎌田浩史, 小川健 ,市村晴充, 落合直之:橈骨遠位端骨折に対するBridgeおよびNon-Bridge型創外固定術の検討,東日本整形災害外科学会誌 18, 409-414, 2006
37 田中利和 吉岡 大 落合直之,MRIマイクロスコピーコイルによるTFCC損傷診断, Monthly Book Orthopaedics vol19(13) 67-73,2006
36 Chunfeng Zhao, Yu-Long Sun, Peter C Amadio, Toshikazu Tanaka, Anke M Ettema, Kai-Nan An. Surface Modification of Extrasynovial Tendon in Flexor tenbdon Graft: An Experimental study in a canine Model In Vivo. J Bone Joint Surg Am. 2006 Oct;88(10):2181-91
35 Toshikazu Tanaka, Yu-Long Sun, Chunfeng Zhao, Mark E. Zobitz, Kai-Nan An, Peter C. Amadio: Effect of Curing Time and concentration for a Chemical Treatment That Improves Surface Gliding for Extrasynovial Tendon Grafts in vitro study, Journal of material research(A),79(3)451-5,2006.
34 Toshikazu Tanaka, Chunfeng Zhao, Ettena Anke, Mark E. Zobitz, Kai-Nan An, Peter C. Amadio Tensile Strength of a New Suture for Fixation of Tendon Grafts when using a Weave Technique, JHS31(A),982-986 2006 .
33 Toshikazu Tanaka, Yu-Long Sun, Chunfeng Zhao, Mark E. Zobitz, Kai-Nan An, Peter C. Amadio: Optimization of surface modifications of extrasynovial tendon to improve its gliding ability in a canine model in vitro, Journal of Orthopedics Research 24(7)1555-61 2006.
32 Toshikazu Tanaka, Hiroshi Yoshioka, Teruko Ueno, Masashi Shindo, Naoyuki Ochiai, Comparison Between High-Resolution MRI with a Microscopy Coil and Arthroscopy in Evaluation of TFCC Injury, Journal of Hand Surgery 38(A), 1308-1314 2006.
31 Toshikazu Tanaka, Peter C. Amadio, Chunfeng Zhao, Mark E. Zobitz, Kai-Nan An, Effect of Wrist and Ulnar Head Position on Gliding Resistance of the Extensor Digitorum Minimi and Extensor Digitorum Communis III Tendons: a cadaver study. Journal of Orthopedics Research 24(4)757-62, 2006
30 Tanaka T, Kamada H, Ochiai N Extensor tendon rupture in ring and little fingers associated DRUJ osteoarthritis without perforating DRUJ capsule.- a case report-Journal of Orthopedics Science. 11(2)221-223,2006.
【2005年】 29 後藤如代 田中利和 三島初 清水顕 鎌田浩史 落合直之,関節リウマチにともなうinsufficiency fractureの5例,関東整形外科災害外科学会誌36、104-08,2005
28 田中利和, 安部伊知朗, 落合直之:橈骨遠位端骨折の初期治療とリハビリテーション-Non-bridge 創外固定器(フィックスⅡ, MES社製)を使用してMonthly Book Medical Rehabilitation No59 16-19,2005
27 田中利和, 安部伊知朗, 落合直之: Non-bridge 創外固定器(フレックスⅡ, MES社製)による治療, Monthly Book Orthopaedics vol18(9) 67-73,2005
【2004年】 26 小川健,田中利和,三島初,金森章浩:肩峰下滑液包内に発生した滑膜性骨軟骨腫症の1例.雑誌「整形災害外科」47:799-803,2004
25 鎌田浩史,田中利和,三島初,金森章浩,清水顕,吉岡大,落合直之:テニスストローク中に発生した外傷性三角線維軟骨複合体断裂の1例。日本臨床スポーツ医学会誌12:2 93-299,2004
24 清水 顕,田中利和,三島初,鎌田浩史,後藤如代,鯨岡結賀:骨損傷のない外傷性咽後血腫の2例,東日本整形災害外科学会誌16:280-284,2004
23 北見 知子, 金森 毅繁, 斉藤 秀之, 田中 利和, 小関 迪 『当院における「クリッパくん」の使用状況について』理学療法いばらき(1343-2931)7巻2号 Page113-116(2004.03)
22 Yoshioka H, Ueno T, Tanaka T, Kujiraoka Y, Shindo M, Takahashi N, Nishiura Y, Ochiai N, Saida Y.High-resolution MR imaging of the elbow using a microscopy surface coil and a clinical 1.5 T MR machine: preliminary results; Skeletal Radiol.;33(5):265-71 2004.
21 田中利和, 吉岡 大, 落合直之, 安部伊知朗, 植野映子 橈尺屈におけるTFCCの形態変化-MR Microscopy coil を使用した解析―, 日本手の外科学会誌21(2)81-84,2004
20 田中利和 松島照彦 小関 迪 大内敦子 友部和広 木田文二、大腿骨頚部周辺骨折に対する個別性やバリアンスを取り入れた第3世代クリティカルパス「第3世代クリッパくんⅡ」骨折第26巻745-750,2004
【2003年】 19 Yoshioka H, Ueno T, Tanaka T, Shindo M, Itai Y. High-resolution MR Imaging of Triangular Fibrocartilage Complex (TFCC): Comparison of Microscopy Coils and a Conventional Small Surface Coil. Skeletal Radiol.;32(10):575-81:2003
18 田中利和 松島照彦、小松恒彦、小関迪、大内敦子 友部和広 木田文二、クリッパくん医療マネージメント学会誌
17 田中利和 吉岡 大 植野映子  西浦康正、落合直之:手関節三角線維軟骨複合体(TFCC)障害に対するMRIマイクロスコピーコイルの使用経験,日本手の外科学会誌20(4)411-415,2003
16 田中利和 吉岡 大 新藤雅司 落合直之、マイクロスコピーコイルを使用した手関節三角線維軟骨複合体(TFCC)の高分解能MRI、 整形災害外科 46、739-745、2003
15 田中利和 小川健 市村晴充 三島初 鎌田浩史 清水顕、自作の手関節牽引装置、別冊整形外科44:20~22,2003
【2002年】 14 西野 衆文, 池田 耕太郎, 佐藤 卓, 落合 直之, 田中 利和『骨化巣摘出を要したPellegrini-Stieda病の2例』整形外科(0030-5901)53巻12号 Page1559-1562(2002.11)
13 小田 桂吾, 斉藤 秀之, 田中 直樹, 田中 利和, 金森 章浩『高校ラグビー選手の柔軟性と腰痛の関連性について』日本臨床スポーツ医学会誌10巻3号 p519-523(2002.08)
12 田中利和 小川健 鯨岡結賀 市村晴允 落合直之、手部軟部腫瘤に対する超音波検査の有用性と限界,日本手の外科学会誌19、559-536、2002.
【2001年】 11 田中利和、市村晴充、辻野昭人、西浦康正、落合直之、リン酸カルシウム骨セメントを使用した高齢者橈骨遠位端骨折に対する治療 日本手の外科学会雑誌18巻1号 Page10-14 2001年10月
10 田中利和、ほか、『カテーテル操作後の上腕動脈偽性動脈瘤による高位正中神経麻痺の1例』 整形外科 52:549〜552,2001.
9 山田 道生, 田中 利和, 吉田 太郎, 六崎 裕高, 落合 直之『肩鎖関節脱臼及び鎖骨遠位端骨折に対する肩鎖関節プレートの使用経験』:骨折23 1号 P108-111(2001.05)
8 田中利和、河村春生、矢中豊子、Varianceにも対応できるクリティカルパス SEIKEIGEKA KANGO 2001
【2000年】 7 田中利和、山田道生、吉田太郎、六崎裕高ほか 軟部腫瘤に対する超音波検査の有用性 別冊整形外科 38:136-9、2000、
【1999年】 6 田中利和ほか:『術後生じた肺塞栓症の4例』,関東整形災害外科雑誌.30.420-423,1999
5 田中利和、河村春生、六崎裕高:橈骨遠位端骨折後の長母指伸筋腱断裂の1例—機械的因子による断裂例—、整形外科 50:206〜207,1999.
【1996年】 4 田中利和 関 寛之、河村春生、金森章浩:転移性脊椎腫瘍の手術適応、関東整形災害外科学会誌27巻(6)559-564,1996
3 田中利和 中川 司、亀田尚徳、林 達夫、岡野克紀:下肢骨折手術時の工夫―三角手術台の利用 雑誌『整形外科』47巻、913-6、1996
【1994年】 2 田中利和、石井志博、中西俊郎:高齢者の大腿骨果上骨折に対するIlizrov創外固定の小経験、日本創外固定研究会誌5;23-26,1994
【1992年】 1 田中利和、石井志博、中西俊郎、稲垣克記、亀田信介、藤崎淳、安相換、武本雅治、藤巻悦夫:人工骨頭置換術後の大腿骨果上骨折に対するIlizarov創外固定器を応用した1例 雑誌『整形外科』43巻、981-4、1992

Source:その他多数

学会報告(1998年後半以降)

【2019年】 182 『石灰沈着性腱鞘炎により生じた手根管症候群の1例』
安永 田中利和、第127回茨城県整形外科集談会 稲敷郡阿見
茨城県立医療大学2019年6月1日(土)
181 第92回日本整形外科学会総会5月9日‐12日 パシフィコ横浜
田中発表『高精細MRI前腕回内外撮影によるTFCC評価』
180 第31回ハンドセラピー学会学術集会(札幌) 発表
『腱性槌指後に対する保存療法後の成績についての検討』
神原麻由 田中利和他
179 第62回日本手外科学会総会 札幌 学会報告
①田中利和 ほか『尺側手根伸筋腱の回内外時のECU腱鞘炎-患者と健常者の比較-』
②内田亘 田中利和 ほか『骨性槌指に対する保存治療の検討』2019.4.18-19
【2018年】 178 島崎紘史郎 田中利和 落合直之 『橈骨遠位端骨折に伴う尺骨遠位端骨折の治療成績』第44回骨折治療学会 2018.7 岡山
【2017年】 177 Toshikazu Tanaka, Takeshi Ogawa, Sho Kohyama, Kazuki Oyama,Naoyuki Ochiai, The cause of Extensor Carpi Ulnaris tendinitis is maintained in the groove. -Kinematic analysis of the Extensor Carpi Ulnaris tendon during forearm pronation and supination by MR imaging. 72th Annual American Society for Surgery of the Hand (San Francisco, US), Sept, 2017
176 Kazuki Oyama, Toshikazu Tanaka, Takeshi Ogawa, Sho Kohyama, Naoyuki Ochiai,. Evaluation of improvement in carpal tunnel syndrome symptoms after surgery, using the Carpal Tunnel Syndrome Instrument questionnaire. 72th Annual American Society for Surgery of the Hand (San Francisco, US), Sept, 2017
175 大山和生,田中利和,小林彩香,和田大志,野内隆治,落合直之『トリアムシノロンアセテートによる長母指屈筋腱断裂の1例 -病理所見を中心にー』第66回東日本整形災害外科学会、2017年9月東京
174 大山和生 田中利和 小川 健 神山 翔 落合直『手根管症候群術後の症状推移への影響因子』第60回日本手外科学会総会 4月,名古屋
173 小川健,菅谷久,原友紀,西浦康正,田中利和,落合直之,山崎正志,『キーンベック病手術症例の橈骨と腸骨の骨髄血内に含まれる自己増殖能を持った細胞数の相違について』第60回日本手外科学会総会 4月,名古屋
172 小川 健, 原 友紀,西浦康正,田中利和,落合直之,山崎正志『キーンベック病に対する骨髄血移植・低出力超音波・創外固定併用治療について−移植骨髄血(橈骨または腸骨)の違いによる比較−』第60回日本手外科学会総会 4月,名古屋
171 田中利和 小川 健 神山 翔 大山和生 落合直之『尺側手根伸筋腱のMRIによる回内外動作時の動態と尺骨手根伸筋腱腱鞘炎-TFCC損傷患者との比較』第60回日本手外科学会総会 4月,名古屋
170 神山翔,田中利和,落合直之,『Pins and Rubber Band Traction 法で 治療したPIP関節内骨折の治療成績』.第31回東日本手外科研究会 in 札幌 2017年2月
169 田中利和,村井伸司,井汲 彰,鈴木崇根,國吉一樹,青木光広,シンポジウム「手外科のバイオメカニクスと機能解剖」第31回東日本手外科研究会 in 札幌 2017年2月
【2016年】 168 Yasukazu Totoki, Toshikazu Tanaka, Takeshi Ogawa, Sho Kohyama, Akira Ikumi,Naoyuki Ochiai, Outcome of conservative treatment for carpal tunnel syndrome by night splint alone. 71th Annual American Society for Surgery of the Hand (Austin, US), Sept, 2016
167 十時靖和,田中利和,当院における手根管症候群の保存療法の検討,十時 靖和, 田中 利和, 神山 翔, 小川 健, 落合 直之 第59回日本手外科学会総会 4月 広島
166 岡野 英里子, 田中 利和, 神山 翔, 野内 隆治,落合 直之,橈骨遠位端骨折術後の矯正損失はいつ起きるか-第59回日本手外科学会総会2016年in 広島
165 神山 翔, 田中 利和, 落合 直之,尺側手根伸筋腱溝の解剖学的多様性 -CTを基にした新しい分類の提唱-第59回日本手外科学会総会2016年in 広島
164 神山 翔, 田中 利和, 小川 健, 落合 直之,変形性肘関節症に起因する肘部管症候群に対する肘部管形成術の治療成績,第28回日本肘関節学会、2月、岡山
163 吉井 雄一, 田中 利和, 池田 和大, 石井 朝夫,落合 直之,圧モニター超音波エラストグラフィによる手根管症候群診断-第59回日本手外科学会総会2016年in 広島
162 吉井 雄一, 田中 利和, 石井 朝夫, 落合 直之,手根管開放術後の正中神経の歪みと形態変化,日本整形外科学会 5月 横浜
161 天野 国明, 坂根 正孝, 金森 章浩, 田中 利和, 和田野 安良, 山崎 正志スポーツに伴う脊髄障害の病態と治療 頸椎症性脊髄症・神経根症からのスポーツ復帰 ラグビー選手を中心に,日本整形外科スポーツ医学会 9月札幌
160 大山和生 田中利和,神山 翔,和田大,野内隆治,落合直之Dupuytren拘縮に対するコラーゲナーゼ製剤治療の経験 第122回茨城県整形外科集談会 水戸10月
159 大山 和生, 田中 利和, 渡辺 保彦, 神山 翔, 和田 大志, 野内 隆治, 落合 直之,穿刺治療後に内部血腫を形成し消失したガングリオンの1例.第65回東日本整形災害外科学会、9月箱根
158 大山和生 田中利和,神山 翔,和田大,野内隆治,落合直之Dupuytren拘縮に対するコラーゲナーゼ製剤治療の経験、第46回勤務医会主催野田市医師会カンファレンス 2016.11.18 野田
157 田中利和 神山 翔 金森章浩 ジュニアテニスプレーヤーに発症した離断性骨軟骨炎の2例第6回テニス医学研究会 2016年3月名古屋
156 田中利和 TFCCの診断と治療 第30回東日本手外科研究会 in 横浜 2016年1月
155 田中利和 小川 健 落合直之 尺側手関節痛の診断に役立つ画像診断 第59回日本手外科学会総会2016年4月21日in 広島
154 田中利和 小川 健 神山 翔 十時靖和 落合直之:尺側手根伸筋腱の前腕回内外動作時の動態-ECU腱鞘炎に迫る-第59回日本手外科学会総会2016年in 広島
153 和田 大志, 三島 初, 菅谷 久, 大山 和生, 神山 翔, 野内 隆治, 田中 利和, 落合 直之
診断に難渋した成人化膿性股関節炎の2例. 第13回東葛北部外傷・関節病研究会. 2016年6月, 柏の葉
152 和田大志 三島初 神山翔 菅谷久 野内隆治 田中利和 落合直之 RDCとの鑑別を要した成人化膿性股関節炎の2例 第681回関東整形災害外科学会 月例会 6月 2016in 東京
151 田中利和 シンポジウム『運動器疾患をもつ独居高齢者をどう支えるか』 独居高齢者の運動器疾患罹患の当院の状況と事例提示 第16回日本運動器看護学会 6月2016 in 横浜
150 田中利和,神山翔,野内隆治, 大山和生,和田大,落合直之 Dupuytren拘縮に対するコラーゲナーゼ注射薬療法 第45回勤務医会主催野田市医師会カンファレンス4月2016 野田
【2015年】 149 神山翔, 田中利和, 野内隆治, 岡野英里子, 落合直之 当院における小児上腕骨顆上骨折の治療成績 第27会日本肘関節学会学術集会(沖縄), 2月, 2015
148 井汲 彰、田中 利和、和田卓郎、青木光広,指運動を妨げない基節骨基部骨折に対する至適ピン刺入位置の検証 第58回日本手外科学会 2015
147 田中 利和TFCCの診断と治療 Microscopy coilを利用したMRI 矢状断画像による三角線維軟骨複合体(TFCC)の尺骨付着部評価 第58回日本手外科学会 2015
146 吉井 雄一(東京医科大学茨城医療センター 整形外科), 石井 朝夫, ドン・ウェンリン , 田中 利和 超音波動態解析による手根管症候群手術後の効果判定 第58回日本手外科学会 2015
145 吉井雄一、石井朝夫、田中利和、酒井晋介、落合直之、手根管症候群における母指対立機能と正中神経の電気生理学的機能、横断面積と歪みの関連.第88回日本整形外科学会学術総会 2015
144 小川 健, 田中 利和、ケナコルト注射には要注意! 腱鞘内注射後の腱鞘断裂の1例 日本臨床スポーツ医学会2015.10
143 十時靖和 田中利和 奥野孝祐、神山 翔、野内隆治、落合直之 豆状三角骨関節症により生じた屈筋腱皮下断裂の2例 第120回茨城県整形外科集談会2015年10月 水戸
142 奥野孝祐、田中利和、十時靖和、神山 翔、野内隆治、落合直之 第4第5CM関節脱臼骨折の3例 第119回茨城県整形外科集談会2015年6月 阿見
141 Toshikazu Tanaka, Takeshi Ogawa. Sho Kohyama, Eriko Okano, Naoyuki Ochiai: Is triangular fibrocartilage complex injury associated with extensor carpi ulnaris tendinitis or tenosynovitis? : a case–control comparative study70th Annual American Society for Surgery of the Hand (Seattle, US), Sept, 2015
140 野内隆治、田中利和、神山翔、岡野英里子、落合直之、Levofloxacin(クラビット)が誘因と考えられたアキレス腱断裂の1例 第43回勤務医会主催野田市医師会カンファレンス2015年3月 in 野田
139 田中利和,小川 健,岡野英里子,神山 翔,落合直之、TFCC損傷例は尺側手根伸筋腱、腱鞘変化を合併するのかーTFCC損傷例とボランティアのMRI比較—.第58回日本手外科学会学術集会 2015
138 神山 翔,田中利和,小川 健,岡野英里子,落合直之、当院における母指CM関節症に対する手術成績. 第58回日本手外科学会学術集会 2015
137 田中利和,小川 健,岡野英里子,神山 翔,落合直之、治療手技によりバネ指のケナコルト腱鞘内注射の治療成績は異なるのか第58回日本手外科学会学術集会 2015
136 神山 翔,田中利和,岡野英里子,落合直之、同一手関節部の正中神経と尺骨神経に発生したlipofibromatous hamartomaの1例. 第29回東日本手外科研究会 2015
135 田中利和,吉井雄一、小川 健,神山 翔,岡野英里子,落合直之、正中神経に対するエラストグラフィー評価—用手的圧迫と機械圧迫の比較.第29回東日本手外科研究会 2015
134 田中利和,小川 健,市村晴充、星 忠行、岡野英里子,神山 翔,落合直之、トリアムシノロン腱鞘内注射による腱断裂の2例. 第29回東日本手外科研究会 2015
【2014年】 133 岡野 英里子 吉岡 友和 野内 隆冶 神山 翔 金森 章浩 田中 利和人工膝関節全置換術後に発症したfabella syndromeの1例第118回茨城県整形外科集談会2014.10 in 水戸
132 田中利和 野内隆治 小川 健 中谷卓史 落合直之 日置 繁 岩指 仁 船山 徹 渡邊保彦 坂根正孝 山崎正志:橈骨遠位端骨折人工骨充填例の矯正損失に係る因子解析第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10 in 鹿児島
131 田中利和 野内隆治 小川 健 中谷卓史 落合直之、ケナコルト腱鞘内注射による腱、腱鞘断裂の3例第42回勤務医会主催野田市医師会カンファレンス2014.10 in 野田
130 田中利和 小川 健 野内隆治 神山 翔 岡野英里子 落合直之『手関節尺側部痛の鑑別』第7外日本手関節外科ワークショップ2014.09in 大阪
129 Toshikazu Tanaka, Takeshi Ogawa, Takushi Nakatani . Naoyuki Ochiai. The efficacy of low dose Triamcinolone acetonide for trigger fingers, comparison with 2mg/ml and 4mg/ml American Sociaty of surgery for hand Annual meeting 2014.09 in Boston
128 岡野英里子 熊谷洋 小川健 野内隆治 田中利和 落合直之 再発したPaget-Schroetter症候群に第一肋骨切除を行った1例第117回茨城県整形外科集談会2014.05 in つくば
127 田中利和 小川健 野内隆治 中谷卓史 落合直之屈筋腱狭窄性腱鞘炎(ばね指)に対する低用量トリアムシノロンは効果があるか?第57回日本手外科学会2014.04in 沖縄
126 中谷卓史 小川健 野内隆治 田中利和 落合直之舟状骨骨折の至適スクリュー長の検討 –長軸挿入と垂直挿入−第57回日本手外科学会2014.04in 沖縄
125 吉井雄一 石井朝夫 田中利和 酒井晋介 落合直之 手根管症候群における正中神経の歪みと形態変化―自動振動装置を用いた末梢神経の歪み計測―第57回日本手外科学会2014.04in 沖縄
124 小川健、田中利和、野内隆治、熊谷洋、中谷卓史、落合直之 腱鞘内ケナコルト注射による腱鞘断裂の1例 第28回東日本手外科研究会2014. 2in 東京
123 田中利和 野内隆治 小川 健 中谷卓史 落合直之、変形性遠位橈尺関節症による小指屈筋腱断裂の1例 第28回東日本手外科研究会2014. 2in 東京
【2013年】 122 小川健、田中利和、野内隆治、中谷卓史、落合直之、母指CM関節症に対する関節鏡下滑膜切除術の短期成績 第116回茨城県整形外科集談会 2013.10.27 in 水戸
121 田中利和 野内隆治 小川 健 中谷卓史 落合直之 変形性遠位橈尺関節症による小指屈筋腱断裂の1例 第40回勤務医会主催野田市医師会カンファレンス2013年10月 野田
120 田中利和 吉井雄一、野内隆治、小川 健 熊谷 洋 落合直之:手根管症候群患者と健康女性の手関節部での超音波エラストグラフィによる正中神経の弾性比較 第86回日本整形外科学会2013年5月 広島
119 熊谷洋、田中利和、小川健、野内隆治、落合直之 患者満足度アンケートからみる当院における超音波ガイド下腋窩ブロックの実際 第56回日本手外科学会 2013年4月 神戸
118 小川健、田中利和、野内隆治、熊谷洋、落合直之 橈骨遠位端関節内骨折の骨折パターンには靭帯が関与するか?第56回日本手外科学会 2013年4月 神戸
117 田中利和 野内隆治 小川 健 熊谷 洋 落合直之: 高齢者ばね指の特徴 第56回日本手外科学会 2013年4月 神戸
116 田中利和 吉井雄一 小川 健 野内隆治 熊谷 洋 落合直之:Real time echo Elastgraphy を使用した手根管症候群術前後の正中神経の弾性変化 第56回日本手外科学会 2013年4月 神戸
115 Toshikazu Tanaka, Yuichi Yoshii, Takeshi Ogawa, Takaji Yanai, Hiroshi Kumagai, Naoyuki Ochiai. Median Nerve Elasticity in Carpal Tunnel Syndrome Patients and Healthy Controls. International Federation of Societies for Surgery of the Hand Mar 2013 New Delhi
114 田中利和、井汲 彰、野内隆治、小川 健、熊谷 洋、落合直之: 基節骨基部骨折に対する術後可動域制限の少ない鋼線固定術 第27回東日本手外科研究会2013年2月、東京
【2012年】 113 熊谷 洋、田中利和、小川 健 野内隆治、落合直之 ラグビー競技における母指周辺外傷 第23回日本臨床スポーツ医学会 2012.11 in 新横浜
112 田中利和 野内隆治 小川 健 熊谷 洋、落合直之 手術を要した外側上顆炎(テニス肘)の3例 第38回勤務医会主催野田市医師会カンファレンス2012.9in 野田
111 田中利和 野内隆治 小川 健 熊谷 洋、落合直之 受傷後30年経過後に屈曲障害と弾発現象で症状発現した示指浅指屈筋腱部分断裂の1例 第7回千葉手・肘外科研究会 2012、6 千葉
110 田中利和 野内隆治 小川 健 熊谷 洋 竹内亮子 菅谷 久 井汲 彰 梶原将也、谷口 悠落合直之 キッコーマン総合病院 手の外科センター4年間のまとめ 第113回茨城県整形外科集談会 2012.6 in Tsukuba
109 小川 健、田中利和、野内隆治、熊谷 洋、落合直之 橈骨遠位端関節内骨折パターンには、靭帯が関与する 第113回茨城県整形外科集談会 2012.6 in Tsukuba
108 熊谷 洋、田中利和、小川 健 野内隆治、落合直之 ラグビー競技における母指周辺外傷 第113回茨城県整形外科集談会 2012.6 in Tsukuba
107 小川 健、落合直之、西浦康正、原 友紀、田中利和 Kienbock病に対する骨髄血移植、低出力超音波、創外固定併用療法 第85回日本整形外科学会総会 2012,5 in Kyoto
106 田中利和、小川 健、野内隆治、谷口悠 三角線維軟骨複合体(TFCC)のMRI microscopy coilによる尺骨付着部分類 第85回日本整形外科学会総会 in Kyoto 2012,5
105 Shinji Murai1 Toshikazu Tanaka2 Mitsuhiro Aoki CONTRIBUTION OF THE EXRRINSIC AND INTRINSIC MUSCLES FOR EXTENSION STRENGTH OF THE DIP JOINTS the 8th International Hand and Wrist Biomechanics Symposium. 2012.4 in Yokohama
104 小川 健 田中利和、菅谷 久、井汲 彰、橈骨遠位端骨折に伴う関節内軟部組織損傷は、単純X線から予測可能か?第55回日本手外科学会 2012.4 in 横浜
103 田中利和 吉井雄一 小川 健 Real time echo Elastgraphy を使用した正中神経の経年的弾性変化-第55回日本手外科学会パネルディスカッション 2012.4 in 横浜
102 田中利和 金森章浩 谷口 悠 小川 健 野内隆治 テニスプロ選手の上腕骨外側上顆炎に対する多血小板療法(PRGF)の小経験 第2回 日本テニス・スポーツ医学研究会 2012.3 大阪
101 田中利和 谷口悠、小川健、野内隆治、『手根管症候群における超音波エラストグラフィによる正中神経評価』第26回東日本手外科研究会,3月,2012、盛岡
【2011年以前】 100 田中利和 野内隆治 小川 健 井汲 彰 坂根正孝 落合直之, 橈骨遠位端骨折に対するハイドロキシアパタイト配向連通多孔体『リジェノス』の使用経験 第655回整形外科集談会東京地方会 2011 99 小川健、落合直之、西浦康正、原友紀、田中利和:キーンベック病に対する骨髄血移植・低出力超音波・創外固定併用療法の中期成績.第60回東日本整災外科学会(つくば), 9月, 2011
98 田中利和 小川 健、吉井雄一超音波Real-time Tissue Elastographyによる正中神経の評価、第51回関東整形災害外科学会、第60回東日本整形災害外科学会合同学会in つくば2011,9
97 Toshikazu Tanaka, Hiroshi Yoshioka, Takeshi Ogawa, Classification of the Ulnar Attachment of the Triangular Fibrocartilage Complex 65th annual meeting of ASSH in Las Vegas,2011,9,7-10
96 小川健、落合直之、西浦康正、原友紀、田中利和:キーンベック病に対する骨髄血移植・低出力超音波・創外固定併用療法の中期成績.第54回日本手外科学会 復興支援サテライトシンポジウム青森, 8月, 2011
95 谷口 悠
94 野内隆治、田中利和、小川 健、谷口 悠 グロームス腫瘍6例の免疫組織化学的検討 代44回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会、2011,7 京都
93 田中利和、2期的再建術を行った陳旧性伸筋腱断裂の1例、筑波大学整形外科医局研究会2011年6月
92 谷口 悠、田中利和、野内隆治、小川 健 ばね指の保存的治療について(第1報)筑波大学整形外科医局研究会、2011年6月
91 小川健、田中利和、野内隆治、谷口悠、肩関節下方脱臼骨折の一例 第111回茨城整形外科集談会(茨城)、2011年6月
90 田中利和、金森章浩、テニス愛好家における尺側手関節痛の4例 第1回日本テニス・スポーツ医学研究会2011,5,29 品川 2nd position of poster award.
89 田中利和 TFCC損傷に対するMR画像診断 第4回手の外科ワークショップ2011年3月5日奈良
88 田中利和 野内隆治 小川 健 井汲 彰 竹内亮子 菅谷 久,手根管症候群に対するKnife lightの使用経験 第25回東日本手外科研究会、2011年2月25日、東京
87 Shinji Murai1, Toshikazu Tanaka2, Mitsuhiro Aoki3 Combinatorial roles of extrinsic and intrinsic muscles in extension strength of the distal interphalangeal joint, Orhtopedics research Society 2011 annual meeting, Long Beach CA, Jan 2011,
86 小川健、田中利和、野内隆治:骨性槌指に対する当院の治療成績―術後臨床評価とX線評価の関連性、筑波大学整形外科医局研究会、2010, 10 in つくば
85 野内隆治、田中利和、小川 健、井汲 彰、村井伸司:グロームス腫瘍5例の組織学的検討、 第109回茨城県整形外科集談会(つくば)、5月、2010
84 田中利和, 小川 健,菅谷 久:多房性尺骨神経内ガングリオンの1例,第22回肘関節学会(さいたま市),2月,2010
83 田中利和,小川 健,菅谷 久:遠位橈尺関節に発生した類骨骨腫 第24回東日本手の外科研究会(さいたま市),2月,2010
82 井汲 彰、田中利和、 小川 健、野内隆治、上腕二頭筋橈骨滑液包炎の6例、東日本整形災害外科学会、2010、10 in 盛岡
81 田中利和、金森章浩、テニスグリップの違いによる人体への影響,日本整形外科スポーツ医学会、2010,9in 横浜
80 井汲彰、小川健、野内隆治、田中利和、上腕二頭筋腱橈骨滑液包炎の6例、第36回勤務医会主催野田市医師会カンファレンス2010.9in 野田
79 田中利和、小川 健、菅谷 久、市村晴充, 橈骨遠位端骨折変形癒合に対する矯正骨切り術は手根骨配列も改善するか?第53回日本手の外科学会、2010.4 in 新潟
78 市村晴充、田中利和、山田道生、吉田太郎、辻野昭人、西浦康正、落合直之 色素性絨毛性結節性滑膜炎による手根管症候群の2例、第15回東日本手の外科研究会20012,3in Tokyo
77 田中利和、小川 健、菅谷 久、多房性尺骨神経内ガングリオンの1例,第22回肘関節学会 2010,02,13 in Saitama
76 田中利和、小川 健、菅谷 久 遠位橈尺関節に発生した類骨骨腫 第24回東日本手の外科研究会 2010,02,12 in Saitama
75 Toshikazu Tanaka Hiroshi Yoshioka Naoyuki Ochiai Classification of Ulnar Attachment of Triangular Fibrocartilage Complex 8th APFSSH in Taiwan 2009 11
74 田中利和 吉岡 大 落合直之 MR microscopy surface coil を用いた手関節三角線維軟骨複合体(TFCC)の形態解析 第24回日本整形外科学会基礎医学会 シンポジウムin 横浜
73 田中利和 小川 健、菅谷 久 阿部亮子 巻き爪に対するワイヤー治療の工夫  第108回茨城県整形外科集談会 2009 10 in 水戸
72 菅谷 久 田中利和 小川 健 MRIで指摘された脊髄硬外脂肪腫症  第107回茨城県整形外科集談会 2009 5 in 土浦
71 田中利和 小川 健 菅谷 久 阿部亮子 Knife Lightを使用した小切開手根管開放術の経験 第107回茨城県整形外科集談会 2009 5 in 土浦
70 田中利和、菅谷久、阿部亮子、陳旧性腱性槌指に対するSnow法の経験、第52回日本手の外科学会 2009.4 in 東京
69 田中利和、吉岡大、落合直之、シンポジウム『手関節尺側部痛の診断』高分解能MR microscopy coil,第52回日本手の外科学会 2009.4 in 東京
68 田中利和、菅谷 久 陥入爪、巻き爪に対する治療経験 第33回勤務医会主催野田市医師会カンファレンスin 野田 2009.3
67 Toshikazu Tanaka, Akihiro Kanamori, Anatomy and Biomechanics of Tennis Grip, 10th world congress of society for Tennis Medicine and Science in Tokyo 2008,10.
66 菅谷 久、田中利和 キッコーマン事業所における腰痛実態調査,第10回筑波大学医局研究会 in つくば、2008,9
65 田中利和、菅谷 久、阿部亮子、陳旧性腱性槌指に対するSnow法の経験、第10回筑波大学医局研究会 in つくば、2008,9
64 田中利和, 阿部亮子,小川健,安部伊知朗,落合直之,橈骨遠位端骨折に対するnon-bridging型創外固定器のバイオメカ二クス,第51回日本手の外科学会 2008 in つくば
63 田中利和,Peter C Amadio,Steven L. Moran, MD, Chunfeng Zhao, M.D, Mark Zobits, An Kai-Nan, 固有小指伸筋腱と伸筋腱鞘第5区画の解剖学的特徴,第51回日本手の外科学会 2008in つくば
62 阿部亮子 田中利和 稲見聡 岩指仁 落合直之、橈骨遠位端骨折後に生じた脂肪滴による長母指伸筋腱腱鞘炎、21回東日本手の外科研究会in 新潟 2008.
61 田中利和、阿部亮子、稲見聡、市村晴充、村松俊樹、橈骨遠位端骨折後変形癒合に対する橈骨矯正骨切り術の成績 第31回勤務医会主催野田市医師会カンファレンス2008.1in 野田
60 山田道生
59 清水顕,田中利和,三島初,鎌田浩史,後藤如代:肩甲骨烏口突起骨折の治療経験.第29回日本骨折治療学会 in 神戸 2003,8
58 清水顕,田中利和,金森章浩,会田育男:頚椎前後合併手術後に前方固定の非隣接椎間板にヘルニアを生じた1例.第51回東日本整形災害外科学会 in 郡山,2002,10
57 清水顕,田中利和,三島初,鎌田浩史,後藤如代:中手骨頚部骨折に対する髄内固定法の小経験.第95回茨城県整形外科集談会 in阿見 2003,5
56 清水 顕,田中利和,三島 初,鎌田浩史,不顕性骨盤骨折の4例,第3回筑波大学整形外科研究会 in つくば、2002,10
55 斉藤秀之,田中利和、松島照彦、小関迪、柳久子、戸村成男,リハビリテーション中の転倒・転落事故減少の要因について第3回医療マネージメント学会, in横浜2001.6
54 斉藤秀之,田中利和 松島照彦 小関 迪,柳 久子,戸村成男,リハビリテーション総合実施計画書」による「説明と同意」の現状,第3回医療マネージメント学会, in横浜2001.6
53 鎌田浩史、田中利和、安部伊知朗、清水顕、後藤如代,落合直之,当院における高齢者橈骨遠位端骨折に対する治療と工夫,第44回関東整形災害外科学会 シンポジウム in 東京 2004,3
52 安部 伊知朗,田中利和,鎌田浩史,後藤如代,阿部亮子,傍骨性脂肪腫により後骨間神経麻痺を生じた1例,第19回東日本手の外科研究会 in 東京 2005,2
51 安部伊知朗,田中利和,鎌田浩史,小川 健,市村晴充,落合 直之,橈骨遠位端骨折に対するBridgeおよびNon-Bridge型創外固定術の検討,第18回東日本手の外科研究会 in 山形 2004,2
50 鎌田浩史 田中利和 三島 初 清水 顕 小川 健 市村晴充 落合直之,変形性遠位橈尺関節障害による指伸筋腱皮下断裂,第17回東日本手の外科研究会 in 東京 2003,2
49 小川健,田中利和,三島 初,金森章浩,肩峰下滑液包内に発生した滑膜性骨軟骨腫症の一例、肩関節学会 in 前橋、2003, 9
48 後藤如代 田中利和, 鎌田浩史, 安部伊知朗, 急性特発性脊髄硬膜外血腫の1例,第96回茨城県整形災害外科学会,2003,10,水戸
47 小川健, 西浦康正,田中利和, 村松俊樹,許表楷,落合直之,骨髄血移植・低出力超音波療法・創外固定を併用したキーンベック病の治療経験,第48回日本手の外科学会 in 下関2005,4
46 清水 顕, 田中利和, 三島 初, 鎌田浩史, 後藤如代,外傷後に発症した骨傷のない咽後間隙血腫の2例 第52回東日本整形災害外科学会 東京2003,8
45 後藤如代 清水顕 鎌田浩史 田中利和 三島初 落合直之、関節リウマチにともなうinsufficiency fractureの5例,関東整形災害外科学会集談会東京地方会 2003.2
44 後藤如代 清水顕 鎌田浩史 田中利和  三島初 落合直之、当院における関節リウマチに合併した脆弱性骨折,第3回つくばリウマチ研究会 2003,1
43 Sun YL, Zhao C, Kutsumi, K, Ettema, AM, Tanaka T, Yang C, Amadio PC, An KN, Modification of the Gliding Surface of Extrasynovial Tendon for Tendon Grafting Material Research Society Fall Meeting, 2005 in Boston
42 Yoshioka H, Tanaka T, Ueno T, Shindo M, Lang P. High-resolution MR imaging of the proximal zone of the lunotriquetral ligament with a microscopy coil. ISMRM 2005
41 田中利和、阿部亮子、岩指 仁、鎌田浩史、落合直之、橈骨遠位端関節内骨折に対する創外固定器の治療成績 第21回日本創外固定・骨延長学会 in 横浜、2008.2
40 Toshikazu Tanaka, Chunfeng Zhao, M.D., Yu-Long Sun, Ph.D., Kai-Nan An, Ph.D., Peter C. Amadio, Surface Modification of Extrasynovial Flexor Tendon Graft: An Experimental Study in a Canine Model in vivo. 6th Triennial International Hand &Wrist Biomechanics Symposium in Taiwan, 2007
39 田中利和 阿部亮子 稲見 聡、 市村 晴充 村松俊樹、橈骨遠位端骨折後変形癒合に対する橈骨矯正骨切り術の治療成績、第31回野田地区勤務医症例検討会、2008 in 野田
38 田中利和 岩指 仁、阿部亮子 橈骨遠位端関節内骨折に対する関節鏡下治療の1例第30回野田地区勤務医症例検討会 2007, in 野田
37 田中利和 阿部亮子 稲見 聡、 市村 晴充 村松俊樹、橈骨遠位端骨折後変形癒合に対する橈骨矯正骨切り術の治療成績、第19年度筑波大学整形外科医局研究会 2007in つくば、最優秀賞受賞
36 田中利和 吉岡 大 植野映子 高橋信幸 落合直之, MRIマイクロスコピーコイルを使用したTFCC 病変に対する読影者間の比較  第50回日本手の外科学会 2007in山形
35 Toshikazu Tanaka,Hiroshi Yoshioka, Teruko Ueno, Yuichi Yoshii,Yasumasa Nishiura, Naoyuki Ochiai, Comparison Between Patients with TFCC injury and Volunteers by MR Imaging with a Microscopy Coil®.IFFSH in Sydney 2007
34 Toshikazu Tanaka, Chunfeng Zhao, M.D., Yu-Long Sun, Ph.D., Kai-Nan An, Ph.D., Peter C. Amadio, Surface Modification of Extrasymnovial Flexor Tendon Graft: An Experimental study in a canine model in vivo. ORS 2007 in Sandiego.
33 田中利和 田中ハルカ 稲見 聡 岡田 基 落合直之, 長母指屈筋腱筋腱移行部での皮下腱断裂の1例 20回東日本手の外科研究会2007in 東京
32 田中利和,田中ハルカ,稲見 聡,岡田 基,長母指伸筋腱筋腱移行部皮下断裂例の1例,第102回茨城県整形外科集談会 in 水戸 2006.10
31 Toshikazu Tanaka, Yu-Long Sun, Chunfeng Zhao,Mark E. Zobitz,Kai-Nan An, Peter C. Amadio, Effect of Curing Time and Concentration for a Chemical Treatment That Improves Surface Gliding for Extrasynovial Tendon Grafts In Vitro, 日本整形外科基礎学会2006 in Nagasaki
30 Toshikazu Tanaka, Peter C. Amadio, Chunfeng Zhao, Mark E. Zobitz, Kai-Nan An, Effect of Wrist and Ulna Head Position on Gliding Resistance of the Extensor Digitorum Minimi and Extensor Digitorum Communis III Tendons: a cadaver study, 日本整形外科基礎学会2006 in Nagasaki
29 Toshikazu Tanaka, Steven L. Moran, Chunfeng Zhao, Mark E. Zobitz , Kai-Nan An, Peter C. Amadio, Variability within the 5th dorsal extensor compartment--Implications for tendon transfer and tenosynovitis. An anatomical study ASSH in Washington 2006
28 Toshikazu Tanaka, Chunfeng Zhao, Anke M. Ettema, Mark E. Zobitz, Kai-Nan An, Peter C. Amadio, Tensile Strength of a New Suture for Fixation of Tendon Grafts when using a Weave Technique. ORS 2006 in Chicago.
27 Toshikazu Tanaka, Peter C. Amadio, M.D., Yu-Long Sun, Ph.D., Chunfeng Zhao, M.D., Mark E. Zobitz, M.S, .Kai-Nan An, Reducing Gliding Resistance by chemical modifying the surface of extrasynovial tendon graft, ORS 2006 in Chicago.
26 田中利和, 吉岡 大, 小川健, 安部伊知郎, 落合直之.回内外における伸筋腱鞘の形態変化-MR microscopy coilⓇ を使用した解析-第49回日本手の外科学会総会in 浜松 2006.4
25 Toshikazu Tanaka, Hiroshi Yoshioka, Naoyuki Ochiai, Teruko Ueno, Masashi Shindo, Hajime Mishima, Yasumasa Nishiura, Analysis of the symptomatic Triangular Fibrocartilage Complex (TFCC) lesions with High Resolution MRI using a Microscopy Coil, 5th APSFFH in Osaka, 2004.11
24 田中利和、吉岡 大 落合直之 鎌田浩史, 安部伊知朗, 後藤如代, 植野映子,西浦康正,三島初,鯨岡結賀 Comparison between MR Microscopy and Arthroscopy in Triangular Fibrocartilage Complex Injury 第77回日本整形外科学会in 神戸 2004.5
23 田中利和 吉岡 大  落合直之 安部伊知朗 植野映子、橈尺屈におけるTFCの形態変化-MR Microscopy coil を使用した解析- 第47回日本手の外科学会総会in 大坂 2004.4
22 田中利和、三島初、金森章浩、鎌田浩史、山田道生、安部伊知朗、六崎裕高、市村晴充、吉田太郎、小川健、清水顕、後藤如代、当院における橈骨遠位端骨折に対する治療と工夫ー特に高齢者ー第3回医局研究会 in つくば 2003.9
21 田中利和 松島照彦 小関 迪 大内敦子 友部和広 木田文二,自動可変式の第3世代クリティカルパス【クリッパ君Ⅱ】第29回骨折治療学会 in 神戸 2003.8
20 田中利和 松島照彦 小松恒彦 小関 迪 大内敦子 友部和広 木田文二、自動可変式の第3世代クリティカルパス【クリッパ君Ⅱ】第5回医療マネージメント学会総会 in仙台 2003.6
19 田中利和 金森章浩 三島初、鎌田浩史、清水顕 落合直之,人工膝関節手術における骨髄脂肪酸動態について 日本整形外科学会総会 in 金沢 2003.5
18 田中利和 三島初、鎌田浩史、清水顕 植野映子 鯨岡結賀 落合直之 吉岡 大 手関節三角線維軟骨複合体(TFCC)障害に対するMRIマイクロスコピーコイルの使用経験:日本整形外科学会総会 in 金沢 2003.5
17 田中利和、鯨岡結賀 吉岡 大 西浦康正、落合直之 手関節三角線維軟骨複合体(TFCC)障害に対するMRIマイクロスコピーコイルの使用経験 第46回日本手の外科学会総会、in 名古屋 2003.4
16 田中利和 小川健 鯨岡結賀 辻野昭人、西浦康正、落合直之,手部軟部腫瘤に対する超音波検査の有用性と限界、第45回日本手の外科学会、in 新潟 2002.5
15 田中利和、三島初、辻野昭人、安部伊知朗、落合直之、ラット動静脈シャント阻血モデルにおける成長軟骨帯の組織学的解析 第16回日本整形外科学会基礎学術集会、2001.9 in広島
14 田中利和、辻野昭人、落合直之、ほか:長管骨髄内阻血に対する骨孔形成の効果、第16回日本整形外科学会基礎学術集会、2001.9 in広島
13 田中利和、松島照彦、小関迪:大腿骨頚部骨折、転子部骨折に対するバリアンスにも対応できるクリティカルパス 第38回日本リハビリテーション医学会総会 in横浜2001.6
12 田中利和、松島照彦、小関迪:大腿骨頚部骨折、転子部骨折に対するバリアンスにも対応できるクリティカルパス 第3回医療マネージメント学会 in横浜2001.6
11 田中利和、山田道生、吉田太郎、金森章浩、松坂尚、河野通子、落合直之:大腿骨頚部骨折、転子部骨折における術式による痴呆スケールの変化 第41回関東整形災害外科学会in東京2001.5
10 田中利和、市村晴充、金森章浩、辻野昭人、西浦康正、落合直之:リン酸カルシウム骨セメント (Biopex) を使用した高齢者橈骨遠位端不安定型骨折に対する治療、第44回日本手の外科学会、in 大阪 2001.5
9 田中利和、河村春生、市村晴充ほか:Varianceにも対応できるクリティカルパス 第1回医療マネージメント学会茨城地方会、in水戸 2000.11
8 田中利和 辻野昭人、落合直之ほか:ラットの下肢動静脈シャントにおける骨形成の変化 第15回日本整形外科学会基礎学術集会、2000.9 in京都
7 田中利和、河村春生 ほか:頚椎椎弓拡大術用クリティカルパス使用による頚椎アライメントへの影響 医療マネージメント学会 2000、6 in熊本
6 田中利和ほか、頚椎椎弓形成術用クリテカルパス使用することによる頚椎アライメントへの影響、筑波記念病院クリテカルパス発表会、2000.3
5 田中利和ほか、カテーテル操作後の上腕動脈偽性動脈瘤による高位正中神経麻痺の1例、第14回東日本手の外科研究会、2000、2
4 田中利和ほか、成熟ラットの下肢血流変化に対する骨組織への影響、第14回日本整形外科学会基礎学術集会、1999.10、奈良
3 田中利和 河村春生 六崎裕高.入院期間短縮を目指した頸椎拡大形成術用クリティカルパスの利用 in第87回茨城県集談会 1999.5.茨城
2 田中利和 河村春生. 橈骨遠位端骨折後の長母指伸筋腱断裂の1例—機械的因子による断裂例—in第86回茨城整形災害外科学会.1998.10.茨城
1 田中利和 辻野昭人 落合直之、橈骨神経浅指の

その他多数。

分担出筆

【2016年】 田中利和 『今日の治療指針』2016年度 医学書院 分担出筆 「ばね指、強剛母指、ドケルバン病」P114-5 2016
『今日の整形外科治療指針』 第7版 医学書院 分担出筆 「手関節の画像診断」p473-5

講演

【2019年】 42. 「一生を見据えた健康対策を!明日の健康を十年後、二十年後に繋げよう!」 旭川労働基準協会主催 2019年9月4日
41. 整形外科 Cadaver Workshop in Chiba <Hand & Wrist> 千葉大学医学部 2019年7月19日、20日
【2018年】 40. 第23回順天堂大学整形外科手肘外科研究会『尺側手関節痛へのアプローチ –診断から治療まで-』2018年12月1日 順天堂大学 センチュリータワー
39. 第38回整形外科バイオマテリアル研究会発表『骨欠損部に移植したリジェノスTMは吸収されうるか』2018年12月1日 つくば国際会議場
38. 野田市福田女性会『ロコモ知っていますか?~健康寿命を延ばすカギ~』野田市 2018年3月11日
37. 第29回春日部市整形外科医会学術講演会『橈尺骨遠位端骨折治療と骨粗鬆症』~スポーツ外傷を含めて~ 2018年2月15日 春日部市
【2017年】 36. 千葉手・肘の関節外科cadaver work shop 『手関節鏡の操作、使用について』千葉2017年11月23日
35. 野田市中央公民館主催「いきいきライフセミナー」『ロコモ知っていますか?~健康寿命を延ばすカギ~』2017年11月9日(木) 野田市
34. 奈良県消防協会セミナー『メタボと一緒にロコモ対策』2017年10月29日(日)奈良市
33. 柏西ロータリークラブ主催講演会『健康になるための新しい治療』2017年11月27日柏市
32. 日本運動器看護学会認定養成講座コースII 『手の機能障害と治療』 2017年10月14日(土) 東京
31. 第23回日本手外科学会秋季研修会『手外科領域の画像診断』2017年9月9日(土)札幌
30. 第3回日本手外科学会 カダバーワークショップ 講演『手関節鏡について』2017年9月7日(木)札幌
29. 第10回日本手外科ワークショップ講演『母指CM関節症に対する鏡視下手術とLittler法の変法』2017年9月2日東京
28. 野田市中央公民館『婦人会員講座』『ロコモって知っていますか?』~健康寿命を延ばすカギ~  2017年7月19日(水) 2017.7.19 野田市
27. 第33回三重上肢外科研究会 『手外科臨床研究へのご招待‐手外科ボーイズ アンド ガールズ』  2017.7.6 三重県津市
26. 四季野自治会講演会『サルコペニアとは何か、その予防法』2017.07.02流山市
25. ツカモトコーポレーション健康講話『病気とは?』  2017.6.20  東京都日本橋
24. 野田鳳会10周年講演会『健康になるための新しい治療』2017.06.18 野田市
【2016年】 23. T-HANDs研究会 11月Brush Upセミナー『知っておいてほしい、橈骨遠位端骨折』 2016.11.12 東京
22. 大和ハウス健康セミナー『今日の健康が十年後の健康に繋がる』2016.06.18 小山
21. 平成28年度 筑波大学整形外科新人クルズス 『医療安全について』2016.04.9 inつくば
【2015年】 20. 整形外科ネットワーク筑波-手リボン発売5周年記念講演会-『手の外科の最新の治療と診断』2016.2.10 in つくば
19. 6th Yamaguchi Trauma Seminar 『橈骨遠位端骨折の治療の変遷と手技の選択について』2015.02.21 in 山口
【2014年】 18. 水戸整形外科手術セミナー『手外科 up to date』201410in 水戸
17. 三沢市介護予防講演会「転ばぬ先の杖セミナー ~超高齢化社会で歩き続けるために~」 2014.10 in 三沢
16. 日本運動器看護学会認定養成講座コースII 『手の機能障害と治療』 2014年10月 東京
15. キッコーマン株式会社産業衛生講演『アンケートから見えた腰痛とその予防』 2014.09in 野田
14. 産業医研修会『職業性腰痛症に対する傾向と対策』2014.07in 野田 
13. 講演会『ビスフスフォネートによる顎骨壊死-整形外科の立場から-』野田市医師会―歯科医師会合同講演会 2014.02 in 野田
12. 千葉手肘の外科研究会 講演『基節骨基部骨折に対する術後可動域制限の少ない鋼線固定術』201401in 幕張
【2011年】 5. DVR®アナトミックプレートを用いた橈骨遠位端骨折の治療,第51回関東整形災害外科学会、第60回東日本整形災害外科学会合同学会ハンズオンセミナー2011,9,10
6. 尺骨手関節痛の診断と治療 第53回関東地区整形外科勤務医会 2011,12,10 東京
【2012年】 7. 『尺側手関節痛の診断と治療』 第48回柏市整形外科医会学術講演会 2012.5.11 柏
8. 『テニスストリング及びガットが手関節・肘関節に与える影響』 第34回テニス・メディカルセミナー 2012.7.29 川崎
9. 講演会『ロコモ、メタボ、認知症 その負の連鎖 ロコモティブシンドローム 超高齢社会で歩き続けるための対策と意義』 柏労働基準協会 松戸・流山支部の『労働衛生週間説明会』2012.8.29松戸商工会議所
10. 講演会『ロコモ、メタボ、認知症 その負の連鎖 ロコモティブシンドローム 超高齢社会で歩き続けるための対策と意義』 京葉ガス 安全衛生大会  2012.9.20京葉ガス防災供給センター 市川
【2013年】 11. 日本運動器看護学会認定養成講座コースII 『手の機能障害と治療』 2013年10月 東京
【2010年】 4. 尺側手関節痛の診断と治療 第2回東葛北部外傷・関節研究会、2010,11,12 柏
3. 内視鏡下手術cadaver training講師、講演 手関節鏡 第6回和歌山医科大学Cadaver Seminar 2010,1,29
【2009年】 2. Miccroscopy coil を使用した手指、手関節疾患のMRI 診断 第4回京都大学関連病院手の外科症例検討会 2009,10,31
1. JTA「第27回テニス・メディカルセミナー」 テーマ : 「ラケットと身体の良い関係」 ~ラケットがテニスを変える~ 講師 田中利和  平成21年3月14日(土)聖マリアンナ医科大学

委員会

  • 1. 手外科学会国際委員会 11月17日 travelling fellow 選考委員会  広島
  • 2. 手外科専門医試験作成委員会
    ・2016年7月3日 ステーションカンファレンス東京
    ・2016年9月4日 ステーションカンファレンス東京
    ・2016年11月6日 東京駅前カンファレンスセンター
    ・2016年12月18日 ステーションカンファレンス東京
    ・2017年2月5日 ステーションカンファレンス東京
  • 3. 上腕骨外側上顆炎ガイドライン作成委員会 11月27日 日本整形外科学会会議室
  • 4. 関東地区勤務医会幹事会
    ・12月17日 障害者認定審査委員会
    ・6月9日 野田市役所
    ・8月18日 野田市役所
    ・10月13日 野田市役所
    ・12月8日 野田市役所 野田市防災会議
    ・10月5日 野田市役所
    ・11月7日 野田市役所
    ・12月15日 野田市役所

座長

  • 第11回千葉手・肘の外科研究会 特別講演「肘関節症の再建術:外傷例の経験から慢性疾患へ」2014年6月13日 in 幕張
  • 第13回千葉手・肘の外科研究会 一般演題 座長 2015年6月5日  幕張
  • 第2回 東葛地区骨粗鬆症を考える会 特別講演2杏林大学整形外科教授 市村正一先生 座長 2015年3月14日 柏 2015.03.14 柏 主催日本イーライリリー株式会社
  • 第5回 日本テニス・スポーツ医学研究会 一般演題 座長 2015.03.21国立スポーツ科学センター
  • 第13回千葉手肘の外科研究会 一般演題 座長 2015.06.05 幕張
  • 第29回日本肘関節学会 べストポスター賞 座長 2016.1.30
  • 第 柏整形外科医会 特別演題1 座長 2016.2.26 柏
  • 第9回日本手関節外科ワークショップ 一般演題1 座長 2016.0903岡山
  • 第45回野田市勤務医会主催医師会カンファレンス 一般演題 座長 2016年11月18日野田
  • 「東葛北部慢性疼痛研究会」 『慢性疼痛の薬物治療』金井昭文 先生講演 座長2017年6月29日 野田
  • Team debate 腱断裂 司会・座長 第60回日本手外科学会総会 4月,名古屋
  • 野田地区整形外科症例検討会:キッコーマン総合病院 図書室 第14回2010年3月10日(水曜日)
  • 第30回日本肘関節学会 主題9 肘関節に対する超音波診断と治療 座長 2018.2.17東京
  • 「野田市神経障害性疼痛を考える会」『神経障害性疼痛と慢性疼痛病態に応じた鎮痛薬の使い分け』椎名逸雄先生講演 座長 2018.5.7野田

研究会開催

野田市症例検討会
  • 第15回2010年6月9日(水曜日)
  • 第16回2010年9月8日(水曜日)
  • 第17回2010年12月8日(水曜日)
  • 第18回2010年12月8日(水曜日)
  • 第19回2010年12月8日(水曜日)
  • 第20回2010年12月8日(水曜日)
  • 第21回2010年12月8日(水曜日)
  • 第22回2010年12月14日(水曜日)
  • 第35回2015年3月20日(金曜日) キッコーマン総合病院(エーザイ株式会社)
  • 第36回 2015年6月19日(金曜日) 小張総合病院(日本イーライリリー)
  • 第37回2015年9月18日(水曜日) キッコーマン総合病院(ニューベイシブジャパン株式会社 )
  • 第38回2015年12月11日(金曜日) 小張総合病院(小野薬品)
  • 第39回2016年3月11日(金曜日) キッコーマン総合病院(大正製薬)
  • 第40回2016年7月15日(金曜日) 小張総合病院(第一三共製薬)
  • 第41回2016年9月 日(金曜日)キッコーマン総合病院(  )
  • 第42回2016年12月16日(金曜日)小張総合病院(旭化成ファーマ)
  • 第43回2017年3月 (金曜日) キッコーマン総合病院(大塚製薬)
  • 第44回2017年6月 (金曜日) 小張総合病院(帝人?)
  • 第45回2017年12月15日(金曜日)キッコーマン総合病院(小野薬品)
  • 第46回2018年2月23日(金曜日)キッコーマン総合病院(中外製薬)
  • 第47回2018年6月15日(金曜日)小張総合病院(帝人ナカシマ)
  • 第48回2018年10月 キッコーマン総合病院(塩野義製薬)
東葛北部外傷・関節研究会
  • 第13回 東葛北部外傷・関節研究会 三井ガーデンホテル柏 会議室 2016.6.17
  • 第14回 東葛北部外傷・関節研究会 三井ガーデンホテル柏 会議室 2016.12.9
  • 第15回 東葛北部外傷・関節研究会 三井ガーデンホテル柏 会議室 2016.6.16
  • 第16回 東葛北部外傷・関節研究会 三井ガーデンホテル柏 会議室 2016.12.8
千葉手肘研究会
  • 第15回 千葉手肘研究会 2016.6.5 幕張
  • 第5回Cadaver Workshop 2016.11.3 千葉大学
  • 第16回千葉手肘研究会 2017.1.15 幕張
  • 第17回 千葉手肘研究会 2016.6.9 幕張
  • 第6回Cadaver Workshop 2016.11.3 千葉大学
  • 第18回千葉手肘研究会 2017.1.12 幕張

キッコーマン手の外科勉強会
  • 2010年11月21日(日曜日) キッコーマン本社にて
    Principles of Hand Surgery and Therapyを抄読
    田中利和
  • 『Hand and upper limb surgery 』抄読会
    キッコーマン保養所
    東葛・つくば整形外科up to dateセミナー
    2012年11月11日 キッコーマン総合病院 会議室
指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
デュプイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
橈骨遠位端骨折
舟状骨骨折
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
肘の側副靭帯損傷
治療法・サプリ
スプリント
大豆イソフラボンの効果
炭酸ガス療法
関連学会

このページの先頭へ戻る