手の治療専門サイト【整形外科医 田中利和 公式】手・指の痛み 関節痛 曲がらない 伸ばせない ひっかかる 腫れ こわばり

肘内障

お子さんの手を引っ張った際に肘や手首、肩に痛みを訴えて、上肢を動かせなくなる疾患です。小さなお子さんでは寝返りをうっただけでも発症します。

こちらでは肘内障についてをQ&A形式でご説明しています。

Q. 肘内障の男女比率はどのぐらいですか?

A. 2016年1月~2018年6月30日まで通院された新規の肘内障の患者さんは2年6か月で39例です。発症年齢は10歳以下で、男女比は男子25人女子14人と男子が多くなっています。

Q. どんな原因がありますか?

A.お子さんの手を引いた際(牽引)に症状がでることが多いです。寝返りを打った際、うつぶせになった際に、生じることもあります。

Q. 発症機序は何でしょうか?

A. 橈骨頭の周囲にある輪状靭帯がずれて痛みが生じると言われています。超音波エコーでその病態をとらえることが出来ています。牽引により橈骨頭が輪状靭帯からずれてしまいます。

Q. 症状はどのようなものがありますか?

A. 肩やひじ、手関節に痛みを訴えます。痛みのある腕は動かしません。しかし、局所は腫れていません。疲れて寝てしまいますが、翌日も腕を動かしてくれません。

Q. 治療はどうしたらいいでしょうか?

A. 肘関節を外旋すると治ります。しかし、なかなか治らない場合は骨折等の疾患も考えられますので、レントゲン撮影をお勧めします。その際には、手外科医の方がいいかもしれません。手外科専門医の一覧はこちらからご覧いただけます

指の病気
ばね指
手根管症候群
へバーデン結節
母指CM関節症
マレット指
強剛母指
屈筋腱断裂
伸筋腱断裂
デュプイトラン拘縮
手指骨折
側副靭帯損傷
手首の病気
ドケルバン腱鞘炎
キーンベック病
TFCC損傷
尺側手根伸筋腱炎・腱鞘炎
肘の病気
肘部管症候群
野球肘
舟状骨骨折
肘内障
上腕骨外側上顆炎
橈骨神経麻痺
橈骨遠位端骨折
肘の側副靭帯損傷
装具について
スプリント
関連学会

このページの先頭へ戻る